マックス・ビアッジ引退

シェアする

数日前から噂されていましたが、ついにマックス・ビアッジが引退を表明しました。

マックス・ビアッジ『チャンピオンとして引退する』

今年は大波乱の末にWSBのチャンピオンを獲得しており
チャンピオンのまま、余力を残しつつ引退することになります。

ビアッジといえば、日本人ライダー全盛期に250で連覇をつづけており
速くて強くて、憎たらしくもあるライダーでした。

原田の名言「ビアッジに負けたんじゃない、アプリリアに負けたんだ」が印象的ですね。

その後、アプリリアはチャンピオンを撮り続けた自国のライダーの首を切り
原田を獲得し、原田は念願のアプリリアでチャンピオンを目指すわけですが
この年ホンダに乗り換えたビアッジは、あっさりとチャンピオンを防衛してくれました。

これで原田がチャンピオンになってたら、最高にかっこ良かったんですが
ビアッジが一枚上手だったようですw

その後、GP500にステップアップ

1戦目の鈴鹿でポールtoウインを決めたのにもビックリしました。
当時の絶対王者のドゥーハンも焦ったでしょうね。

ロッシの台頭や、マシンのめぐり合わせ、ホンダとの確執
いろんな理由からMotoGPでのチャンピオンはとれませんでしたが、
偉大なライダーであることに、間違いはないでしょう。

最近のWSBは映像ではフォローしてないので
個人的には、いささか過去のライダーになってしまった感はありますが 
最後にチャンピオンをとって辞めるわけですから
これ以上のやめ方はないでしょう。

五体満足で余生を送れる訳ですし・・・

当時ライバルだった日本人ライダーは、みんな引退しているから
ずいぶん長いあいだ、一線で活躍したんだなぁ(しみじみ

これからどういう活躍をするのかはよくわかりませんが
アプリリアとの関係は継続していくようなので、この世界には関わっていくのでしょう。

これからのビアッジにも期待したいと思います

※写真は我が家のプラモデル。