決断の日がやってきた・・・

シェアする

a

Aperture

僕は君が大好きだ

今でも変わらず・・・

しかし君の開発を終了するとAppleが発表してから
僕はずっと不安な日々を送っていた。

すぐ使えなくなるのは無いことは解っていたし
Lightroomの圧倒的な現像力は解っていても、君の写真管理力は
数万枚の写真を抱える僕にとって欠かせない存在だった。

手助けが必要な時だけLightroomにスポットで頑張ってもらっていたが
もう先が無いのがわかってる君を、使い続ける事にどれ位の意味があるだろう。

ずっとMacが好きで
当然にようにiPhotoから君に乗り換えて
喜んで使ってきた。

しかし、冷たい事を言うようだが
所詮は道具でしか無い

僕は、僕が成長して、これからも理想のイメージを生み出していくためには
前に進み続けていかなければならない

立ち止まるわけにはいかないんだ。

今日、やっと決心がついた。

何度かの乗り換え失敗を乗り越えて
事前の綿密なリサーチと、膨大な作業にある程度の目処をつけ
どうにかLightroomを軌道に乗せ始めた今

HDDに残る、君のライブラリーはHDDの容量を圧迫し続けている。

奮発して3TBのモデルにしたので
まだまだ余裕はあるけど、君のデータを残しておくと
僕は楽な方に、楽な方に気持ちが逃げかねない

決断の時だ

1

ライブラリーが2重になってしまったために、膨れ上がる写真の容量。

それは僕自信の未練の象徴だ。

好きだけど
好きだけど

前に進まなければいかないのだ・・・

思い返せば、メインマシン乗り換えの時
今年前半、HDDが突然死した時も、僕は、Time Machineに助けてもらい
このデータを守り続けてきた。

命の次に大切なデータ。

君のライブラリーを自らの手で、葬り去る日が来たのだ・・・

ピクチャフォルダの中で輝く、Apertureのライブラリ
その一項目を選択し、ゴミ箱に放り込む。

そしてゴミ箱を右クリックして、ゴミ箱を空にする

このデータがこの世の中から無くなるわけではない
デジタルデータはそっくりそのまま劣化もせず、Lightroomのマスターにコピーされている。

それでも、やはり感傷的になってしまう瞬間だ

Apertureとの思い出が走馬灯のように蘇る・・・

流石に900GBを超えるデータだ

瞬時にゴミ箱が空にはならない・・・

処理されるまでの何分間か、
iMacの画面をただ眺めていた

思い出に浸るように・・・

3

結果、写真のデーターは半分に!

iMacは空き容量を取り戻した。

2

非常に未練がましいようだが
Apertureを立ち上げてみた

当たり前だが
きれい、さっぱり一枚の写真も表示されない。

寂しいが
僕が決断したこと

前を向いて歩いていくために、僕自身が選んだ道なのだ

後悔はない

いや後悔はしない!

これからも僕は、理想のイメージを追い求めていく。

いままで、ありがとう

Aperture!