NIK Collectionが無料に

シェアする

昨年
60,000円以上するプラグインが
約14,000円に値下がりしたことで大騒ぎになったNik Collectionが
突然無料化されて公開されていました。

12095178_1129520983758919_6890708714286205577_o

前回、迷った挙句試用だけに終わりました
一年経って、無事インストール。

これから使い倒してみたいと思います。

Collectionの名の通り
7つのプラグインがパッケージ。
(試用にはPhotoshop、Lightroom、Apertureが必要)

32080-0

全ての写真に必須なプラグインではありませんが
HDRやモノクロ写真を作成したり、
写真にエッセンスを加えたい場合、
ノイズ除去や、マクロ写真で部分的にシャープをかけたりする場合
細かい設定が効きます。

スゴイのはコントロールポイントという機能。
それを使えば、半自動で範囲指定ができたりします
(昔はニコンの純正ソフトにもついていたらしいですね 知らんけど)

例えば
ベタですが、ビールの写真でこういうのとか(少し雑)

IMG_2520_Adjustments-Edit

Photoshop単体でもできるけど
ビールの部分丁寧にマスクしていかないといけないので
結構手間と時間がかかりますし、イライラする作業ですが・・・

「Silver Efex Pro 2」でモノクロ写真にしたあと
skitch

ビール部分にコントロールポイントを置いて
上のスライダーで大まかな大きさを設定。
ビールグラスの縁など、細かくなぞる作業は不要。
その後、下のスライダーを操作して、ビールの黄金色を戻していきます

この写真だと3箇所ぐらい、1分かかりませんね。

超効率的。

作例をもう一枚

使用したのは「Viveza」

IMG_1763-Edit-Edit-Edit

薄暗いバーで撮影した写真。
カクテル部分をコントロールポイントでうまく選択して
彩度と明るさを強調。

世界コンクール3位のカクテルの、鮮やかな緑を表現しました。

これも他のソフトでもできますが、こちらのほうが圧倒的に楽ちん。

作例がイマイチですし
口では説明が難しいのですが、
コントロールポイントが賢くてびっくりします。

必須なプラグインかどうかは微妙ですが
タダなので、Photoshop、Aperture、Lightroomを持っている人は
今すぐインストールしましょう!

ただなので、無駄にはなりませんしね