FlashAirを使用すると、バッテリーの消費が激しい件を解消するセッティング

シェアする

今年に入ってから導入した東芝のFlashAir

EOS5Dmark3・EOS Kiss x7 両方で便利に利用しています。
もう手放せません

唯一、気になったのが、バッテリーの消費。
購入してからはバッテリーが1日で空になるような
ガッツリ撮影がまだ無いので、実際に困ったことはありませんが
やはり消耗は激しい模様。

いろいろ知らべて見るとデフォルトでは

  • カメラスイッチON時に5分間、自動で電波を飛ばしているっぽい

電波必要のない時も垂れ流している訳で
それによって無駄な電力も使用しているわけで。。。

これはちょっと見過ごせないので、設定で解消してみます

以下、iPhone側の設定方法

1

iPhoneとFlashAirを接続。
左下のメニューより設定します

2

FlashAir設定をタップ

3

無線LAN自動起動設定に進み

4

デフォルトでONになっている
「自動で無線LANを起動する」オフにします

これで「手動起動モード」になり
バッテリーが無駄に消費することはありません

カメラ側の設定

使用する際に、手動で起動するやり方が、ちょっと面倒くさい

カメラ側の再生ボタンを押して

Lightroom_5_Catalog_lrcat_-_Adobe_Photoshop_Lightroom_-_現像

この画像を探します(だいたい1枚目にあると思います)

カメラのQボタン(EOSの場合)を押すと

off

画像プロテクトの画面が出てきます
画像プロテクト「する」に設定すると電波が飛びません

on

画像プロテクト「しない」に設定すると
電波が飛び始めます

FlashAirに対応してカメラを設計しているわけではないので
こういう方式になってしまってると思うのですが、
慣れるまでは非常に分かりにくく面倒くさいです・・・

注意点

手動起動モードで、画像のプロテクトをしないに設定していても、
カメラの電源を切ると、通信機能がオフになります

カメラの電源を入れて、
画像のプロテクトをオフにし直すと、通信機能がその時点からオンになるようです。

さらに面倒くさいのが

カメラ側でFlashAirを初期化(画像の削除)すると、今までの設定が全てやり直しになってしまいます

撮影に出かける前にFlashAir内の画像を一括削除すると
設定が飛んでしまいますので
1日に一回は、この設定を最初からやり直さないといけません。。

まとめ

FlashAirは超便利ですが
カメラ側がFlashAirの使用を前提として設計されているわけではないので
理想的な使い方をしようと思うと、一手間かかってしまいます。

結局

  • 手間はかかるけど、我慢して使用する(ことに慣れる)
  • バッテリーの消費増は諦めて、予備バッテリーを購入する

どちらかになっちゃうみたいですね・・・

PIXTAで写真素材販売中

写真素材 PIXTA

PIXTAで写真素材販売中

シェアする

フォローする