MotoGP シーズン1/3終了。

シェアする

MotoGP第6戦、イタリアグランプリが終了しました。

全クラス、イタリア人が優勝し
さらにDUCATIが勝ってますから
イタリアはお祭り騒ぎ立ったでしょうね

※勝ったのがロッシだったらもっと凄いことになってたかも・・・

これで
全18戦のうち3分の1が終わった計算になります

6戦終了時点でのランキングトップは
ヤマハのマーベリック・ビニャーレス。

前半全体で見ると、ヤマハ有利の展開ですが
一戦一戦を丁寧に振り返ると、一概にそうとも言えません。


1.2戦はヤマハ優勢で今年はヤマハかと思わせつつ
3.4戦はホンダが巻き返し、
4戦目などはヤマハワークスは2台とも下位に沈みます
5戦目は再びヤマハ圧勝
6戦目はドゥカティが勝利ですから
まだまだシーズンの流れは決したとは、言えない状況です。

昨年も、この辺りまでは
ヤマハ圧勝の気配が漂っていましたが
その後全然勝てなくなったりしましたしね(天候の影響大ですけど)

タイヤとのマッチングの影響なのか
事前テストをしたチームが、優勝しているという流れも有りますね。

ホンダ圧勝のヘレスも事前テストしてたし
ルマンはヤマハがテスト済み
今回のムジェロもドゥカティが同じような状況でした。

ワンメイクタイヤのレギュレーションでは
タイヤに対して、マシンを合わせるのが各メーカーの仕事かもしれませんが、
タイヤの仕様がコロコロ変わる現状はなんだかなー

そう考えると
まだまだ、シーソーゲームが続きそうな予感。

あと2/3
熱い戦いが続きそうです。