塗装仕上とステッカー作成

シェアする

色付けは終わったので
時間の合間を見つけて仕上げに入っています。


今日の休みに最後のアッパーカウルも磨き入れて
とりあえず終了。

もっとキレイに仕上げられるのに
いろいろな制約でそれがかなわない。

葛藤とは自己との戦いです。。。

過去ログを見てみると
CBR600RRを塗った時は、タンク、アッパーカウル、ミドルカウルだけで
ウレタンクリア7本も使った模様。

それだけ塗れば、肌調整も完ぺきにできて
ツルツルテカテカに出来るよなぁw

今回は安いクリアを3本(捨てクリア含む)しか使ってないww

愚痴ってもしょうがないですが。。。

やっぱタンク(カバー)ぐらいはウレタンで塗ったほうが良かったかな。
給油の時は外してからだな(トホホ)

裏側は刷毛塗りで

ちなみに
テールカウルとアッパーカウルの裏側は、見える部分だけ黒く塗りました。

とりあえず色が付けばいいので

水性ペイント刷毛塗りですwww

ステッカー作成

早く車体に取り付けたいところですが
ステッカー作成するためには、カウル現物手元にあったほうが好都合。

とりあえず必須っぽいのから作成します

まずはタンク用のホンダウイングマーク。
以前に作ったデータがあったので大きさを微調整して切り出し

これがあるだけで、ちゃんとしたタンクらしくなります。

お次はNSF100のロゴ

どこにもデータなど落ちてないので


NSFのガイドブックからスキャンしたデータを

Illustratorでチマチマトレース。
大きさは 横幅100mmにしてみました。

黒のシートから切り出し

左右に貼り付け。いい感じ。

こういう定番ステッカーがあるのとぐっと締まりますね。

自分で作成すると大きさも微調整出来るので
イメージ通りに仕上げられますね。

ただ、バランス取るのが難しく、めちゃくちゃセンスが問われる部分ですけど。。。

とりあえず今日はこれで終了。

小さいと思ってたNSFのカウルも
部屋の中に入れるとめちゃくちゃスペース取って邪魔くさい。

普通の家庭だったら、とっくに追い出されてるところですw