990→800

シェアする

なぜ、ニッキーが好きかって?
アメリカンライダーだからかな?とりたててアメリカ好きではないけれど、やはりスペンサーのスクール出身だから?かな?

ケニー父が、GPを席巻してから
それに続いた、スペンサー、ローソン、マモラ、シュワンツ、レイニー等のトップライダー達。
一時代を気づいたアメリカンライダーも、下火になった時期ががありました。
最高峰クラスで走るアメリカンが減って、そのままいなくなっちゃうんじゃないかと、危惧した時期もありました。

昔は500を乗りこなす為には、スーパーバイクの経験が必要で、小さい時からダートレースに親しみ、スライドコントロールを体得するのが必須といわれたものですが、タイヤやマシンの進化の方向性から、コーナーリングスピード重視、ヨーロピアンの台頭、250からのステップアップ組の速さが目立ってきました。

そんななか、最高峰クラスが4スト化され、大幅にパワーアップされていく中で、再びスライドコントロールの重要性がクローズアップされてきたのか、アメリカンが少し息を吹き返したような気がします。

振り返ると、タイヤやマシンの開発の方向性や、開催されるサーキットの性格などで、ライダーのスタイルの違いによる有利不利はどうにでもなるという事が分かります。

逆に言うと、現在はマシンの開発が進み、速く走る幅が広がってきたのか、ホンダ陣営だけ見ても、スタイルの違うライダーが同じような速さを見せている。

来年から、レギュレーションが変わり
現在の990ccから800ccに排気量がダウンされます。
多分パワーは、幾分落ちるだろうし、それを補う為に犠牲になるであろうパワー特性も大幅に変わるだろう。
パワーが減ったら、コーナーでタイムをより稼ごうとして、無理をするだろうし、そうなるとタイヤに対する要求も、変わってくる可能性が出てくる。
それらの不確定要素が絡み合い、来年は今年以上に予想が難しいシーズンになるでしょうね。

さて、時代の風は
アメリカンライダーに吹くのか?
ヨーロピアンライダーに吹くのか?

いずれにしても、990cc時代最後のバトルは
まだまだ、目が離せなそうです