写真データ(プチ)消失 〜の復活

昨日ブログを更新しようとして写真データを探していたら
Lightroom内に写真データが見つからない・・・

調べてみると
2019年の7月27日に撮影した写真がおそらく100枚ほど消失しているようだ。


※この日の写真

当日の事を思い返してみると

  • 朝から瀬長島に行って撮影
  • 撮影中に台湾人観光客に車をぶつけられて警察処理
  • 修理工場を探して修理入庫・代車手配
  • 午後から約束してた友達にドタキャンされる
  • 夜はエガワ家とカラオケ

確かに慌ただしい一日だったので保存し忘れていたのか・・・
(何かと記憶に残る一日だな・・・)

いや
当日に現像してブログにアップしているので
状況からして間違いなく撮影していて、取り込んで現像も行っているはず

バックアップから復元

まず試したのは
iMac本体と、写真保存用のHDD内を、ブログにUPされてる写真をヒントにファイル名で検索。

残念ながら見つかりませんでした。

タイムマシーンで遡ろうかと思ったけど
AmazonPhotosのほうが早そうだったので
webブラウザーでAmazonドライブ内を見ると、写真ちゃんと残ってました。

予想通り100枚ちょと消えた分があったので
データ的には3GB以上になり、少し時間はかかりましたが無事ダウンロード完了

Lightroomに読み込ませて無事解決できました。

復元した写真をよく見てみたのですが
この日撮影後家に帰ってからカメラのセンサーを清掃していたらしく
その確認用の画像が数十枚混じっていました。

おそらく、そのいらない画像を後日削除した時に
誤って他の画像もポイしてしまったようです・・・

完全に人的ミスですな。。。

反省

現在のバックアップ体制

写真を趣味にしているものにとって
データ消失よりも恐ろしいものはありません・・・

一瞬ですべてが消え去るリスクがありますからね

全データ消失したら
たぶんショックで生きていけない・・

私の場合は下図のような感じでバックアップしております。

※チラシの裏に書いた略図。


iMac本体とは別の外付けHDDに写真を取り込み
取り込みと同時にAmazonのクラウドに自動でバックアップ。
さらに別の外付けHDDに一時間おきにMac本体の全データと、写真保存用のHDDのデータを自動バックアップ(MacのTimeMachineを使用)

という3重保存体制

Macがぶっ飛んだとしても
HDDが1台壊れたとしても
最悪火事で機材一式燃えたとしても
どうにかなるようにはしています。

MacのTimeMachineは精度高くて、ほとんどエラーになる事は無いんですが
Amazonの方はバックグラウンドで動いてるはずのソフトが何らかの理由で終了してしまってたりとか、たまにポカすることがあるので確認+メンテナンスは必須ですね。

常にもっといい管理体制が無いか模索してますけど
現状はこれがベストかな!

バックアップ超大事!

重ね重ね
写真趣味をしてる人にとってはとっても重要な写真データ。

周りの人は管理の仕方こそ違えぞ
それなりにみんなきちんと管理してるっぽい。

問題なのは
スマホでどんどん写真撮ってるそこのあなた!

周りでもたまに聞きますね
全部データ飛んで、子供の写真全部パーになった~とかSNSで愚痴ってる人

最低限Google Photos でいいから(解像度オリジナルより落ちちゃうけど)
すぐにスマホに設定してちゃんとバックアップ取るように!

後で泣きついてきても知りませんよ!

a

コメント