CBR600RRリフレッシュプラン(ステムベアリング交換編)

先日のチェーン交換に引き続き、今回はステムベアリング交換編。

今回も、部品の手配から作業まで
プロデュースにお願いしました。

まずカウル取り外し。
2人がかりで・・・

久しぶりの丸裸 (・∀・)

作業の性格上、フロントスタンドが使えないので
吊り下げて作業します。

フロントフォークを引っこ抜く

抜けました!

この時点で触らせてもらったんですが、ハンドルを付けてると気づきにくかった
ベアリングの引っ掛かりがはっきりわかります。

もう、笑えるほどセンターで引っ掛かる、引っ掛かる。
完全に打刻ついてますな・・・

これじゃセルフステアに影響大なはず・・・
ってか気づけよっ!

トップブリッジも外し

ベアリングも外して

レース?
を打ち込む。

ベアリングにはグリスたっぷり!
赤グリス萌ぇ〜。

絶妙なバランスで締め付けて
組み付け。

丸裸にしたついでにエアクリーナーも交換。
思ったほど汚れてなかったなぁ。

作業場から移動して、2人でカウル類を元通りに取り付けて終了。

試乗したところ、あれだけ渋かった動きがスムーズになってます。
確かにスラロームすると、即座にハンドルが切れて向きが変わって安定している感じ。

コレが普通なんだろうけど。

そういえば、この型のCBR600RRを、発売直後に手に入れた人は、
かなりの確率で早い段階にステムベアリングに不具合がでて 
クレームで交換させた旨の記事を、ネット上でよく見かけた記憶があります。

が、
今回はキチッと調整してもらったので、もう安心でしょう(・∀・)

 心配なのは、今回もカードで支払ったため
来月の請求が恐ろしいことになってしまうこと。

カメラ代と同時に一括請求です・・・┐(´∀`)┌ヤレヤレ

コメント