3度目の正直(CBRインナーチューブ交換

orzミーティング明けの日曜日
午後から3度目のFフォークO/H。

さすがに連続して3度もやると
作業はサクサクと進みます。

ちなみに今までは

1回目→1度ツーリング行ったら帰り道でダダ漏れ(走行距離300キロ)
2回目→何回かツーリング行って安心してたら滲み(走行距離1000 キロ)

今回はインナーチューブ交換もするので、もう大丈夫な筈

つまらない作業ミスるのも嫌なので
今回は今まで以上に慎重に作業します

前回はサランラップでしたが
今回はビニールテープでフォークのエッジをカバー

シリコンオイルでヌタヌタにしてから
慎重に挿入

後は黙々と作業。

予定では
コチラ側だけで終わる予定でしたが
抜いたオイルが以外に汚れていたのと
フォークオイルの在庫があったので、反対側もオイル交換しました

で、交換したインナーチューブですが
こうなってました

サビを落とした後が、見事に穴が。
少量滲みてくるのが分かります

1回目は、サビを完璧に取らないでシールに傷ついてダダ漏れ
2回目は、サビを取ったけど、穴が空いてて滲み
パターンですね

本来なら途中で気づいて
インナーチューブ交換すればよかったのだろうけど
程度が分からず「コレぐらいは大丈夫だろう」と組んだのが敗因

まぁ
経験が少ないからしょうがない

スキルアップ
スキルアップ

勉強になりました

PS:コレで漏れてきたら、凹むなー(笑)

コメント