iMac Late2012以降 HDD交換 まとめ

シェアする

Time Machineを信じて移行アシスタント一気に復元。

待つこと2時間半

一週間前に使っていた設定のまま、全てが復活!

素晴らしい!

スクリーンショット 2015-04-17

もちろん命の次に大事な写真データも
音楽データも全て復活!

素晴らしすぎる Time Machine!

もちろんアプリの入れなおしの手間も一切ありません。

後は、
再度バラして両面テープを貼り付けて(実は一番これが苦労した・・・)接着。

元通りになりました!

使用した両面テープは家にあった1.1mmを使わずに
薄い0.6mmを、新たに買い足し。

薄くて貼り付けにくかったけど
具合が良かったです(多分1.1mmだとうまくいかなかったはず)

他にも多少の不具合もあるにはあったのだけど
このMacと心中する覚悟を決めたので、気にしない!

同じモデル持ってる人に対する重要な情報

一般的に2009年以降のiMacはHDDドライブを交換すると不具合が出るという問題があり
秋葉館でもこういう製品が、結構な値段で売られてるのですが、今回は全く問題ありませんでした。

ユーザーでHDDを交換すると
温度センサーがないためファンが暴走するという不具合が出るとのことで心配してたのですが
無問題

問題が出た場合はハードではなくMac Fan Contorlというフリーソフトで対応するつもりだったのですが
そのソフトで見るとちゃんとHDDの温度の検知もしております

Macs_Fan_Control_1_2_1__iMac13_2_

これはちょっと検索したぐらいでは出ない情報なので
結構重要じゃないでしょうか

※今回使用したHDD

もう一つ!

FusionDriveでは、HDDが壊れても起動不能等の致命的な不具合が出ないということ。
OSの領域をSSDに置いているためだと思えますが、普通に起動します
HDDのみだと、そういうわけにはいかないですよね・・・

原因究明に時間がかかってしまいました

軽く検索するとHDDをSSDに換装する記事ばっかりが出てくるので
実際のトラブルでは役に立つ情報だと思います。

今回のトラブルまとめ

iMac(late2012以降)の分解は難しいことになっていますが
手順を予習して慎重にやれば無問題だと思います。

Applecareに加入しておらず
わずか2年で壊れてしてしまったので、頑張って交換しましたが

メーカーに出すと50,000円強なところを
細かい経費含めて13,000円ぐらいで修理出来たので
個人的には満足しています。

ハードの部分は正直、自作している人とかだと全然余裕でしょうね
ソフトの部分は、なんだかんだいってマカー歴が長いのでそれほど苦にならなかったです

正直お金に余裕があれば
メーカーや修理屋さんにお願いしてたかな・・・

トラブルを余裕を持って対処できたのも
バックアップをしっかり取っていたから。

やはりそれに尽きると思います。

Macは買い換えられるけど
貴重なデータは、お金には買えられないですからね・・・

iMac27インチ (late2012以降)FusionDriveモデル HDD交換まとめ