脱ハンチング!

ハンチング動画

昨日の続き。

ハンチングを起こしてしまった発電機。

発電機 ハンチング ヤマハ スパーキャブレタークリーナー「原液タイプ」

動画は撮れませんでしたが、この動画の前半と全く同じ感じ。

カバーを剥がしてみると
スロットルが自動で開閉を繰り返しています。

上の動画の主さんも書いていますが
詳しい方にお聞きしたら、やはりキャブじゃないかとのこと。

キャブの燃調が原因で
回転が不安定になり発電量が落ちたのを
察知した発電機さんが、止まらないようにスロットルを煽っているらしい。

そんなハイテクにも見えないのだけど
つなぐ電気機器で回転数が変わるから、その辺は制御してるのでしょう。

お昼休みに再始動

あれ、回転が安定してる。
勝手に直った???

夜中と昼間で気温差があるからなのかなぁ。

とはいえ
寒い時に高価を発揮するのがタイヤウォーマーなので
そのままじゃマズイでしょ?

デジャ・ブ

ということでお昼休みに整備開始

昨日も見た光景。

やはり明るいと作業がやりやすいw

キャブを外すまで10分かかりません。

改めて観察すると内部もかなり汚れてるな。
屋外で酷使されてたんでしょうね。

改めて見ても
よくこんな狭いスペースに燃料タンクから、キャブからマフラーから
上手く詰め込んでありますね。

ジェト類ドブ漬け

ある程度バラしたら
キャブクリーナーで頑張って掃除します

フロートを支えてるピンが抜けない?
なんで? こんなところ固着するかな??

しょうがないので程よくばらして
吹き付けます

キャブレターの基本構造は一緒なのですが
ジェット類の配置が大幅に違っていて、かなり戸惑います。

とはいっても
回して外すだけなので簡単

ジェット類はドブ漬け。(あとでもう一個追加)

あとは待つだけ!

これで改善するといいなぁ

コメント