発電機きたけど。。。

ヤフオクで落札した発電機が届きました。
中古のヤンマーブランド(ヤマハ製)の900w・インバータータイプです。

※写真は拾い物

送料・消費税込で30,000円弱。

※近所のホームセンターでは、本家ヤマハ製で 79,800円でした。

実はチョット確認ミスしていて意中の商品以外の物に入札
結果落札してしまいました。

商品説明に「たまに白煙が出ます」という一文を、見事に見落とし。。。
凡ミスです。。。。

外観の程度はまぁ悪いですw
中古でしかもおそらくリース落ち。
工事現場とかでも使ってるはずなので汚れも傷もあります。

問題はちゃんと使えるか?

そこが重要!!!

不安いっぱいの始動 とりあえずかかったけど

ガソリンを注入して
コックをON
チョークを引っ張って
リコイルスターターを思い切り引っ張ること数回。

あっさりエンジン始動しました。

最初は白煙もでましたが、そのうち出なくなる感じ。
この症状だと、軽いオイル下がりか??

少し安心して、エンジンストップ。

再始動不能に

半時間ほどして再始動しようとすると
全くかからない状態に。。。。

うーん、
とりあえずチェック開始

順番に原因を探っていきます

  • キャブのドレンをあけると、ガソリンが出てくるので
    キャブまでは燃料いっている様子。
  • 次にスパークプラグを外して、
    クランキングすると火花は普通に飛んでいる

念のためプラグ清掃してから再始動したら
掛かったので、一安心。

やっぱりおかしい

さらに何度か始動、停止を繰り返しテストすると
再び始動不良に。。。

さらにばらして色々チェック。

始動した時に
少し糞詰まりっぽい音がしていたので、排気口を見てみると
マフラーエンドの網が目詰りしてる!

これも清掃して取付け

効果なし

軽く迷路にハマったあと
取説みたら、マフラーエンドの網だけではなく
その中にもさらに取外し可能な網があるっぽい

正式名 スパークアレスタ。

固着していて外しにくかったですが、カーボンづまりあり

念のため取り外した状態で再始動させると
一発始動しました!

とりあえず排気系の詰まりが原因だったっぽい

掃除して取付け

組み立てて夜間テスト

音がうるさいから夜間テストできないので
近所の公園にGO!

ある程度不可をかけたいので、タイヤウォーマーを使用。

電圧も安定している

発電機テスト

20分ほどテストしましたが、全く問題ないようなので
とりあえずテスト終了。

ほっと一安心したのもつかの間。。。

ガソリンがオーバーフローしてきました。

オーバーフローの次、更なる不調が待っていた

深夜で暗かったけど
作業に目処を付けたかったので、キャブ簡易清掃

単純構造ですが
バイクのキャブとジェット類の配置が随分ちがうんですね。

フロートのそこには黒いゴミが付着。

簡単にパーツクリーナーのみで清掃して
組み上げ、再度公園に戻ってテスト。

そしたら
ガソリンは漏れてこないものの
回転が不安定。

回転の上げ下げを繰り返し
空ぶかしみたいな状態に(俗に言うハンチングというものらしい)

流石に日付も変わり
タイムアップなのでこれにて閉店。

これは長期戦になりそうですww

コメント