NSFエンジン復活作業

シェアする

エンジンの中身をチェックしてみました。
前回のレース後早速下ろしたエンジン。 とりあえず腰上分解してもらい中を見てみました。 前回は自分自身で組み立てたエンジン。...

先日腰上まで分解していたエンジンですが
今回クランクまで交換するので、作業を手伝いながら腰下までバラします。

ご開腹

クラッチハウジングの段べりもあるかと思ったのですが
とても状態がいい感じでした。

良い言い方をすれば、乗り方が丁寧
悪い言い方をすれば、もっと攻めろ!って感じでしょうかw

4ストで半クラッチを殆ど使わないと
こんなもんなんでしょうね。

一応クラッチはパワーアップに備えて、
F.C.C.の強化タイプを組み込みました

めんどくさいパッキン剥がしは、素人の自分担当。
加減がわからず時間がかかってしまいます。

どうにか剥がせました。

ま、丁寧にやれば多少の傷は問題ないということみたいです。

今までついていたノーマルのクランクシャフトと
交換するクランクシャフト(シフトアップ製)を比べるとその差は一目瞭然。

無駄な部分が削ぎ落とされ軽量化されています。
見た目からも、吹け上がりがシャープになる事が用意に想像できますね。

当たり前ですがプロの作業は目の前で見ていると
参考になることばかり。

※手が汚れていたので、あまり写真は撮っていません。

想定外と言えば
ピストンピンの入りがキツかったこと。
丁寧にペーパーで修正していい具合に仕上げてくれました。

あとはピストンリングを組み付けて
シリンダーに挿入して、ヘッド周りのポートのバリを削ってもらい
仮組みしたところで本日の作業終了

残りの手伝い(見学)はできませんが
きちんと調整して、バッチリ仕上げてもらう予定です。

NSFエンジン復活への道