追悼 ういんぴーのオヤジに捧ぐ!

シェアする

仕事帰りに

スーパー行ったら、牛肉が異常に安かったので
GP見ながら、ういんぴーのオヤジに捧げる追悼フライライスを作ってみた。

オヤジの姿を思い浮かべながら
大げさに胡椒とガーリックパウダーをふりかける。

味見してみる
美味い!

でも何かが足りない。

それは一生解明できない、秘密のスパイス・・・

※見た目はこんな感じだっただろうか・・・

そして、いつもしていたように
ケチャップをかける

本当はこんな陶器のさらではなく
透明のプラスチックの使い捨ての弁当箱に、

蓋が閉まらないほど詰め込んで

紙の袋で包み、ビニール袋にいれて
プラスチックのスプーンで、ファンタグレープと共に
一気に食べるのが正当なのだが

今日は味を噛み締めながら、ゆっくりと頂いた。

コピー度80%

ういんぴーよ永遠に!