さっそくGRを持って那覇の街へ

SDカード嫌い

さっそくGRを充電してお出かけの準備。

記録媒体はSDカードなので、flashairの32GBを入れます。

さて、さっそく初期化してと思ったら早速エラーが・・・
元々あまり調子よくないカードなのですが、抜き差ししたり端子清掃したりフォーマットやり直したりしても、認識したりしなかったり・・・

SDカードはこういうとこあるから嫌なんだよな
自分が使っていていい思い出はあまりない。
CFだとほとんどこういうことないんだけど・・・

SDカードと私の相性が悪いようです。
┐(´д`)┌ヤレヤレ

半日使っての感想。

良い点

  1. 軽量コンパクト
  2. 起動するのが速い
  3. 操作系が熟成されており設定変更がやりやすい
  4. シャープに撮れる
  5. エフェクトが充実している

1.コンパクトなのは当たり前なんですが、普通にポケットに入れて持ち運びできるのはやはり〇。

2.起動の速さについてはさんざん語られてますが、慣れるとサッと撮れる。
ポケットから出して撮るまでの時間はiPhoneよりも短いと断言できる。
シャッターを全押しして予め設定した距離にピントが合いシャッターが切れる
「フルプレススナップ」をうまく使えば、AFの合焦時間もゼロですから

3.操作系はとても考えられていて、設定変更するのが全く苦になりません
ずっとキヤノンのカメラを使ってきたので、使いこなせるか不安だったのですが、すぐになれました。少なくとも今まで使っていたコンデジと比べると、めちゃくちゃ使いやすい。
積極的にいじりたくなる操作性です。

4.アウトプットされてくる画質は非常にシャープ
単焦点レンズで無理がないのと、ローパスフィルターレスというのも効いてるのかな。

5.エフェクトは特に意識した機能ではなかったのですが、モノクロをはじめ完成度が高い!
切り替えも楽なので、積極的に活用したくなりました。
モノクロ専用機で使うのも面白いかも!

悪い点

  1. バッテリーの充電器が付属していない
  2. バッテリーの持ちがわるい
  3. 気を付けないと手ブレしやすい

1.充電は本体に直接USBケーブルを刺して充電する方式。
バッテリーが外せないiPhoneでもないのに、全く解せない。

2.半日でバッテリーが切れそうになった。
flashair使用のためなのかもしれないがあまりいい印象はなかったので、
さっそく予備バッテリーを発注。

3.手軽に撮れる分片手撮影になったりして、手ブレ写真を量産してしまう。
こればかりは完全に撮影者の問題でもあるのですが、多少のアシストを求めてしまう。(大金払ってGR3にすればかなり解消するのでしょうけど)
TAVモードを有効に使いこなして、
手ブレしにくいシャッタースピードを確保できるように工夫しなければ・・・

作例というと恥ずかしいけど撮った写真

まとめ

正直、手に取るまでは
所詮コンデジと冷めてみている部分もあり
THETAの時のように、飽きたらすぐに売ってしまおうと考えてる自分がいましたが、実際手に取ってみると予想以上に

(・∀・)イイ!!

非常に感覚的な話になりますが
肌が合うというか、うまく言葉にできないけど
長く付き合っていけそうな雰囲気があります。

こういうカメラだろうなという想像を超えた
よい感触でした。

さすがにGRという独自のブランドを築き
熱狂的なファンがいるカメラは一味違いますね。

あとは自分が修行するだけですな(汗


コメント