追悼 ニッキー・ヘイデン

また悲しいニュースが・・・

ニッキーヘイデン逝去

気になるバイクニュース。
MotoGP世界選手権、ワールドスーパーバイク世界選手権などのレース、最新バイクニュース、新車情報などを紹介しているバイクニュースサイトです。

なんで大好きなライダーが逝っちゃうかな。
しかもサーキットではなく、公道での自転車事故で。。。

 

 

ニッキーのGP初出場は、2003年鈴鹿(加藤大治郎のクラッシュがあったレース!)
当時、RC211Vに乗り無敵だった
バレンティーノ・ロッシのチームメイトとしてのデビュー。

 

1980年台から90年台にかけて、GP界を席巻したアメリカンライダーでしたが、それが嘘のように少なくなっていたそんな時代に、AMAチャンピオンとして大抜擢されたヤング・アメリカン

 

※初年度はスーツが「Joe Rocket」でしたね。

 

その後
バレンティーノ・ロッシの移籍によりレプソルホンダのエースライダーに。

ヤマハに移籍しても連覇を続けていたロッシを止めたのが
ニッキー・ヘイデンでした。

Champion Profile — Nicky Hayden

 

※最終戦で感動の逆転チャンプ!
この後、TISSOTのMotoGP仕様の時計買いました。

 

年間2勝(通算でも3勝)でのチャンピオン獲得を軽視する意見もありますが
同じルールで戦って獲得した年間チャンピオンの価値が、変わるわけがありません。

 

その後、レプソル・ホンダのシートを明け渡し


DUCATIワークスへ移籍。

 

その後はサテライトでホンダ復帰。

MotoGPのシートを失ってからは、WSBにテンケイトホンダから参戦

 

戦闘力の劣るマシンで、2016年には雨の中で優勝

 

そして、ダニ・ペドロサの怪我の代役として、スポットですがレプソル復帰。
二度と見れないと思っていただけに、ファンとしては感動モノでした。

 

こう見返してみると
キャリアの中で、何度も辞めるタイミングってあったと思うんですね。

最初にホンダのシートを失った時
DUCATIワークスのシートを失った時
MotoGPのシートを失った時

それでも引退しなかったのは
ニッキー自身がバイクで走るのが、
心の底から好きだったからなのでしょう。

 

マシンが思うように走らなくても言い訳一つせず
テストでは黙々と走り、必ず最多周回。
いつも笑顔でポジティブ

事故の報を聞いたときも
ニッキーなら、シリアスな状況にも打ち勝ってくれると
信じていたのだけど。。。。

 

享年35歳
早すぎるよ、ニッキー。

 

コメント