2度親指AFに挫折した万年初心者のAF-ONボタンの設定

ちょっと上級者になっていると設定している人が多いらしい
「親指AF」

親指AFのススメ!

親指AFを強く勧めてくる動画やサイトも多い。

自分はというと、実は2回挫折していて

過去に2回も記事を書いていたw

親指AFのメリット

親指AFとはデフォルトではシャッターボタン半押しに設定されているAF-ONの動作を、背面のAF-ONボタンに設定する設定のこと

  • ピント合わせとシャッター操作が完全に分離できる
  • AF→MFの切り替えが要らない
  • ONE SHOTとAIサーボの切り替えが要らない

確かに使いこなせば便利なはず。

なじめなかった親指AF

メリットの多い親指AFだけど
上にも書いたように自分は2回挫折している


まぁ、単純に半押しでAFに慣れてるということもあるのですが
親指でAFを制御してシャッターを人差し指にって動作が
メンドクサイというか、うまく使いこなせない

いわゆる不器用って奴です。

あと、ONE SHOTの設定の時にピントが合焦したときに鳴る電子音がないと、本当にピントが合ってるのか安心できない←激しく初心者っぽい

AF-ONボタンに割り当てる機能

そんなこんなで
通常全くAF-ONボタンは全く使用してなかったのですが

EOS5Dmark4に乗り換えた際に
ボタンカスタマイズのメニューを見て
AF-ONボタンに設定可能な機能を見てみると・・・

こんなのがあるじゃないか!

気になったので早速設定してみる

メニューから、操作ボタンカスタマイズ

AF-ONボタンにONE SHOT⇔SERVO切り替えを設定

この状態だと
ONE SHOT時に、AF-ONボタンを押している間だけAI サーボに。
AIサーボ時に、AF-ONボタンを押している間だけONE SHOTに切替わります。

これは便利。

さっそく試し撮り

この設定にして、S-1レース前日練習を撮ってきてみました。

AIサーボで動体を流し撮り。
普段通りシャッター半押しでAF。

被写体がいいので
写真がよく撮れたような錯覚になりますが、いつも通りなんでしょう多分

走りの合間にこういう場面を見つけたときは素早く、
親指押しながらONE SHOTでピンと合わせてパチリ
(この構図ならAIサーボで問題ないけどw)

なかなか使い勝手が良いです。

これなら使いこなせるかも!

帰ってからさらに設定

帰ってからさらに説明書を深読みすると

さっきの設定の下の方に詳細設定というボタンが!

なるほど!
押している間だけ切り替えと
もう一度押すまで切り替え保持が選べるんですね。

この設定だと実質
AIサーボ⇔ONE SHOTの切り替えを単純にこのボタンに割り当てた形ですね。

シンプルでよいかも!

ここまでAF-ONボタンをこねくり回すなら
素直にもう一度親指AFに挑戦した方がいいんじゃね?
って自分でも思いますが、少しこの設定で使用してみたいと思います。

置きピンするときだけはまだ親指AFが便利だけど
ほとんど置きぴんなんて使用しないしなぁ。

とにかくこれで使用してみます!

コメント