フードの窓とPLフィルター

愛用のEF100-400の2型。
1型から買い替えたときに新しくなったフードに付いている開閉式の窓。

用途がPLフィルターを回す用という事は知っていたのですが
実際に活用することは殆どなかった

窓の付いていないフードは個人で穴あけしたり
穴あけを請け負ってくれる業者さんもあるようです

フードの穴あけ
ヒガサカメラサービスはCanon製のカメラやレンズの修理を行う代行店です。Canonより認められた技術者がカメラの修理点検を致します。カメラの不具合はヒガサカメラサービスにお任せください

とうとう使用する時が来た!

手持ちの

  • 標準 EF24-105F4L IS USM
  • 広角 EF17-40 F4L USM
  • 望遠 EF100-400 F4.5-5.6L IS II USM

純正Lレンズ3本はフィルター系がすべて77mmなので
PLフィルターの使いまわしができて大変都合がよい

とはいえ、
風景撮りだと重宝しているPLフィルター
望遠で使用することは殆どなかった・・・

が!

那覇空港第二滑走路使用開始

とうとう使用するときがきました!

第二滑走路だと海バックで撮ることが多くなるので
(というよりは海バックでしか取れない)
PLフィルターが威力を発揮!

やはり青が色鮮やかに出ます

青い海バックで着陸してくる飛行機最高じゃないですか!


問題点

問題というほどではないけど
PLフィルターを付けると、サングラス掛けてるみたいなイメージになるのでファインダー覗くと像が暗くなります

ただでさえ
100-400の望遠端に×1.4のエクステンダー噛ませると
F値開放が8になり暗いのに、PLつけたら明らかに光量ダウン。

撮ってて気持ちはよくないねー

あと
基本的なことですが、PLフィルターの効果を発揮させようと思ったら
太陽を背中にしないといけないので、西海岸側でPLフィルターの効果が最大限に得られるのはお昼ごろまで。

午後は光線状態はイマイチでした

夕方は夕日絡めて撮れるのでいいですが
間の時間帯が微妙ですね

滑走路1本時代だと
どの時間帯でも撮影者が移動すれば、飛行機に対して海側からも陸側からも撮れたので
よかったんだけどな・・・

悩ましいところです

コメント