5150 time

シェアする

二晩続けてこのネタか!
このライブビデオで一番好きな「5150」
アルバムより遥かに素晴らしいプレイ。
このパフォーマンス! 最高ですね。

そういえば、ドラムのアレックス、ライブではエディーの音のみを聞いて叩いているそうですね。

通常のモニターは無くて、そのままエディーのスピーカーキャビネットがドラムセットの横に、アレックスに向けてセットされています。

この映像を見ても分かりますが、やはりエディーはリズム系のプレイヤーだという事を強く感じますね。

ギターをこねくり回して、トリッキーな表現力をコレでもかと引き出している事に注目が集まりがちですが、なんというか、体内に持っているリズムがしっかりしている印象が強いです。

それはもちろん、魅力的なギターリフをプレイしている時も感じるのですが、ソロの時もドライブ感がスゴイ。

体内のリズムがしっかりしているからこそ、ギターソロ時に変拍子っぽく手癖に任せて、曲のテンポからずれていっても、きちんと最後は帳尻を合わせて、適切な場所に戻ってくる。

エディーのそのリズムを、兄であるアレックスは信用しきっているのでしょうね~。