スポンサーリンク

珍事

 

 

八耐終わりましたね。

今年は仕事のため携帯で文字観戦w(仕事じゃなくてもそうだったけど)
終始ヨシムラの独走でした。

印象的だったのは、表彰台で加賀山選手が「HRCに感謝する」と述べたこと。
いつも本気で八耐を盛り上げてくれるホンダに勝つのが、チャレンジなんだと・・・。

現在も、ホンダの八耐に対するプライオリティーはmoto-gpと同等。なんとなく力の入ってない他のメーカーの姿勢とは、気合が違う。

昨年まで、ホンダのマシンによる連覇が続いていたのだが、去年の優勝はワークスではなく、サテライトのTSR。
今年は絶対負けられないという気合が、本番前から伝わってきた。
そのホンダが全力を出してきても、勝てない時は勝てないのが、八耐。

アレだけの台数が出場していて、当たり前だが勝つのは1チーム。
実力だけではなく運も味方しないと、勝てるはずはない。

そんな中でのヨシムラの独走。
2年連続のプライベーター勝利。

素晴らしかったです。

でも、あの珍事がなければ、もう少し緊迫したバトルが見られたかと思うと、ちょっと残念な部分もあるな・・・。

あの珍事とは、岡田に下されたピットストップのペナルティー。理由はフライング(笑)

オイオイ、岡田どんなスタート決めたんじゃ?

いままで何度も八耐のルマン式スタートの場面を見たが、明らかにフライングのシーンは何度も見た(っていうか、お約束?)けど、ペナルティー出たのは見たことないぞ!(実際始めてらしい)

ポールから、あからさまに飛び出したのかな~。
オサーンなのに・・・
映像見るのがチョット楽しみ(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました