エアバルブ考察

タイヤ交換の際
いつもは状態をチェックするだけで、エアバルブの交換はしていないのですが
安い部品ですし、今回は交換予定。

IMG_0611

通常はこういうタイプが付いているのだけど

73874_1_l

原付等はL型が付いています。

バイクのタイヤ周りはブレーキディスクや、チェーンなどがあるため
空気を入れるとき、非常に邪魔くさい

原付だとホイール系が小さいため、L型になっていると考えられます。

じゃあ大型バイクもL型でいいんじゃね?
って思いますが、通常のタイプが付いているのは、なにか理由があるはず

いろいろ調べてみると、

L型バルブは遠心力で首を振るので
耐久性がに難がある

タイヤ外形が小さく、速度も遅い原付では採用されるが
大型バイクでは採用されない

ということらしい。

この部分が走行中に破損すると
構造的に一気に空気が漏れて危険なので、やはり純正の形状の方が無難なのかも。

年一交換してればいいのかもしれませんが
利便性と安全性を天秤にかけた場合、安全性を取らざる得ません。

Amazon商品リンクショートコード内にASINが入力されていません。

さらに調べてみると
二輪用のショートタイプもある見たいですので(これが今CBRに付いてるやつかな?)
これまでの調査を踏まえると、これが無難でしょうね。

安い部品ですが
調べてみるとなかなか奥が深くて面白い

長年の技術の積み重ねなので
部品の形一つとっても、研究しつくされて、意味があるということで。

コメント