CBR1000RRタイヤ交換

シェアする

今回もMICHELINパイロットパワー2CT

先日のツーリングで
ご臨終となったCBR1000RRのタイヤ交換。

室内にあるタイヤが邪魔なのでw
早々にやっつけてしまいます。

今回も懲りずにMICHELINパイロットパワー2CT。
もう何回このタイヤ買ったことやら。

前回交換から7200キロ。

性能もいいし、国産タイヤより圧倒的に長寿命なので
ずっと指名買いなのです。

※ちなみに新車からついていたBS、
その後に交換したBSも、4000キロしか持ちませんでした。

取り外し

まずはスタンドアップ。
っていうか常にスタンドアップしてるけどw

J-TRIPさまさま。

フロントホイール外し

リアタイヤ外し

ビードブレーカーは、先日売却しましたので
レバーのみでビード落とします。

見えないところに少し傷が入りますが
気にしません。

一応街乗りなので
傷を入れないように養生。

これがないと作業性が上がるのですが
しょうがない しょうがない。

ブレーキディスクは念の為外しました。

サクッとこの状態まで

今回は

タイヤの裏側を外すときに、この動画のようにやってみました。

この方が傷がつくリスクが少ないような気がします!

組み付け

ハメるときもリムガードで養生しながら慎重に。

エアコンプレッサーは4階にあるので
ホイール2本担いで往復します。

バランス取り

ホイールバランスもしっかり取りますよ。

手動で原始的ですが、機械でやるより
こちらのほうが精度がいいらしい。

前輪は20g

後輪30g

前回は5g/15gだったので敗北感いっぱい。

取り付け

蒸し暑い中汗だくて休憩しながらダラダラ作業します。

外したネジをきれいにして、
各所に適切なグリス類でグリスアップ。

キャリパーも揉み出しして
締め付けはきちんとトルク管理。

プロの作業に素人が対抗できるのは
時間をいくらでもかけられるところ。

趣味だから楽しんでやります。

フロント取り付け終了。

スタンドのサビがすごいww

リアも取り付け完了。

こちらも
ブレーキ周りチェックやチェーンの張り調整も抜かりなく。

まとめ

近所を一回り試走してきて問題ないようなので、これにて作業終了。

実はこの前にNSFのタイヤも前後入れ替えしているので
ぐったりで、洗車は後日にすることにしましたw

毎回思うのですが
正直タイヤ交換面倒くさいw

工賃払ってやってもらった方がお得です。
ベランダに廃タイヤも溜まらないしww

じゃぁなんで自分でやるの?

答えはマゾだからww

趣味だからいいんじゃないですか!

趣味だから

PIXTAで写真素材販売中

写真素材 PIXTA

PIXTAで写真素材販売中

シェアする

フォローする

コメント

  1. 師匠 より:
    タイヤレバーは3本使ってます?
    • takkaja より:
      3本ですね
      • 師匠 より:
        自分は2本なんで、1本追加しようかと思ってますが、なんせ乗らない分新品から5年くらい持つので悩んでます(笑) シグナスも2年くらい持つので….σ(^_^;)
  2. takkaja より:
    前は2本でやっていて、それでも支障ないと言えば無いですけど、やっぱり3本あったほうが効率はいいような気がする。