バッテリー交換と車検点検

発注していたバッテリーが届いたので交換作業

シートはネジを2本で外れます。

バッテリーは、シートの下この位置

エンジン始動させると普通に掛かったけど
一度エンジンを切って、再始動を繰り返すとセルモーターの回りが弱くなってきます。

前みたいに
出先でかからなくなるといけないので、車検前にやっつけてしまいます。

電圧を測ってみると

一番最初は12.7Vぐらいあったけど
何度か始動したあとはこんな感じ

アウトですねw

測りながらセルモーター回すと、9Vぐらいまで一気に落ちます。

今回用意したのは、純正指定のMade in Japanのユアサ製。

台湾ユアサとの値段差は3000円ありましたが、お金で信頼を買いました。

箱に入った状態で約13Vあるので大丈夫でしょう
(12.4V以下は要充電と書いてあった)

バッテリー側のねじ込むところの小さな部品(名前わからないw)
にグリスを少し塗ってから取付け

こうしておくと、グリスで少しくっつくので
「バイクの隙間に部品が落ちちゃってパニック〜〜」←(何度か経験あり)

を防止できます

ちゃちゃっと取り付け、始動確認して終了。

アイドリング時の電圧もこれぐらいあるので
ちゃんと発電はされてますね。

後は洗車して各部のチェック完了。

HIDのヘッドライトの劣化しちゃってないか?
ちょっと心配ですけど大丈夫でしょう。

後は車検本番を待つだけです。

ついでに車まで洗車してスッキリ。

※メンテナンスノートも更新

コメント