スポンサーリンク

伊計de-GO!レポその弐

予想外の雨。
一時は結構激しく降って、不安なムードがサーキットを包む

数人は「にわか気象予報士」に変身して(笑)
好き勝手に今後の天気の推移を予報するが、数十分で雨は止んだ。

エンジンスタートが可能な9時を過ぎ、出場者の面々は本番モードに突入。

パドック(ピット?)の雰囲気がでてますね↑

この時コースの方はかなり水浸しだったのだが、オフィシャルと観客が率先して水の除去を行い、どうにか注意しながら走れるぐらいのコンディションになると、「待ってました!」と言わんばかりに、数台のバイクがコースイン。

その中でも注目は、この日の為にゼッケン部分の塗装とステッカー類で化粧したwataru号。自走して来て転倒は避けなければならない状況なのに、水しぶきを上げて疾走。カッコいい!!

だんだんと走っている台数も多くなってくると、路面状態は悪いままなのに、ペースも上がり・・・・・・・

あー あー
言わんこっちゃない(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました