CBR600F4iフォークオイル交換

シェアする

連休初日。

朝、彼女を職場まで送り、帰りにライコランドで資材を確保
散髪をしたあと、3時過ぎからCBR600F4iのフォークオイル交換をしました。

まずは2台のバイクのカバー引っ剥がし、メンテナンススタンドを掛け替えます。

IMG_9221

 

IMG_9223

単純に掛け替えられれば楽なのですが、
F4iはリアのスタンドフックがないため、それ用のアタッチメントに交換。

フロントも中空ステムの径が違うので、コチラもカラーを入れ替えて対応

IMG_9225

無事に掛け替え完了

IMG_9224

フォークオイルは1本で足りるのに間違えて2本買っちゃいましたw
しょうが無いので、NSF用にストックするか。

油面調整は手前にある、貧乏自作工具で。
一回だけ使うつもりで以前に制作したのですが、結局ずっと使っています(笑)

IMG_9227

チャチャッとフロントフォークを外します。
しかし、前後ともスタンドがサビだらけで汚いですね。
常にスタンドアップで屋外放置ですから、しょうが無いのですが・・・

IMG_9228

このバイクはリアに車高を落とすリンクキットが取り付けられており
フロントもそれに合わせて、限界まで突き出しで車高調整されてます。

ばらす前に、突き出し量計測して管理。

IMG_9234

車体から外す前にココを緩めて置かないと、外した後からは緩められないので注意。
実際に失敗したことがあります。

実は今日もやりました(笑)

IMG_9233

柱に立てかけて、十分に中身を抜きます。

IMG_9232

その間に外した内部部品をパーツクリーナーで洗浄。
布で拭くと、繊維が残るらしいので時間掛けて自然乾燥しました。

この後は写真がありませんが、
新しいフォークオイルを注入して念入りにエア抜き。
空気が抜けたら先述の貧乏工具を使い油面調整。

内部パーツを入れて
Oリングにフォークオイル塗り塗りして、組み込み。

後は元通りに戻していくだけ。
重要な部分のボルトはすべてトルク管理して組み付けました。

明るい時間に作業終了できたので、十分に目視で問題ないかチェック。
自分のバイクではないのでいつもより慎重に。

最後は、5キロほど試乗して問題なかったので
お片づけして終了。

久しぶりでしたが、何度もやっている作業で勝手が分かっていたので
スムーズに作業が捗りました。