NSF100 フォークオイルシール交換

シェアする

注文から中3日で部品が届いた。

時間はないけど立ち止まるわけにはいかないので
やりたくないけど夜間作業します。

日が暮れてからバイクを下ろします

カウリングを外して

フォークを外します

フォーク下のボルトを外し

オイルを抜き

あっという間にインナーチューブが抜けました。

ストッパーを外して

新兵器のシールプーラーが大活躍
テコの原理で瞬殺で外れました。

安いので買っといて正解!

新品のシールは気持ち良い!

こういうタイプの工具も持ってるけど

 

構造的にこのタイプの工具で打ち込めます

一番大きなサイズがぴったりでした。

ベアリングではないのでゴムハンマーでコツコツ挿入。

この後は手がオイルまみれになってしまったので
写真はなし。

フォークオイルはカワサキの15番をチョイス。
150ccほど注入してから

先日やっと購入した

これで、油面を規定の122mmで調整。

車体に取り付けて作業完了。

すべてが順調に進みましたが
実は一箇所組間違いがww

構造的に漏れないし、支障ないんと思うんだけど


もう一度部品注文してから、タイヤ交換と一緒に
片方だけやり直します。w

コメント

  1. 師匠 より:
    なんか特殊工具が増えてますね( ^ω^ ) シールの打ち込み工具は欲しいと思うんですが、6Rは倒立だから自分でやりたく無いし、シグナス程度なら塩ビパイプの径を合わせたら使えそうなので、購入に至っていいません(笑) (実際v125ではそれでいけたので。)
  2. takkaja より:
    確かに増えてきましたねぇ。  結構活用してるので最近やっと元取ってるような気がします。
  3. takkaja より:
    考えてみると NSFは整備全て自分でやってて店の手を煩わしたことは無いですね~  色々と鍛えられます