CBR600F4i フォークオイルシール交換

この記事は約2分で読めます。

何年ぶりでしょうか
CBR600F4iのフロントフォークのオイルシール交換を行いました。

あれ?

ブログ読み返してもシール交換の記述がないですね
オイル交換を2度ほど行っただけなのか・・・

前に乗っていたCBR600RRのシール交換を何度かやったので
記憶が混ざってるんでしょうか

作業開始

J-TRIPスタンド前後でリフトアップ
リアスタンドのアタッチメント付け替えたり
フロントスタンドのカラーを替えたりと、意外とめんどくさい

フロントフォークキャップはフォーク外す前に忘れずに緩めておきますw
結構忘れず確率高いですがw

後でわからなくなるので突き出しもチェック
かなりローダウンしてるので、80年代の走り屋っぽい突き出しになっております

無事取り外し完了
さすがにNSF100と比べると、めんどくさく5倍ほど時間かかりますね
ちゃちゃっと分解して、インナーチューブの軽サビも落としておきます

カートリッジ式なので、いろいろ面倒
NSFに体がなれきってますw

念の為、ラップで保護してオイルシールを挿入し

シールを専用工具で叩き出こんで
フォークオイルを注入し、十分エア抜きしたあと、油面管理。

手が油まみれになるので、あまり写真撮れませんでしたが
無事に終了。

ちょっと気になる点もあるので、漏れてこないか心配な部分もあるのですが
大丈夫でしょう!

正立フォークは自分でメンテできるし
F4iだとカウル脱着しなくても問題なく作業できるので激しく楽。

CBR1000RRだと、カウル外さないといけないし
倒立だから自分できないし色々とめんどくさいですからね

コメント