スポンサーリンク

穴あけ(CBR600F4iにスキッドパッド取り付けた

今日は久々の休日。
インフルエンザで休みすぎ
休みがクセになっていたので、えらく長く働いた感じがしました(笑)

で、午後から
CBR600F4iのウインカー修理とスキッドパッド取り付け

まずは
カウルを取り外し

ストリップに

むむ
このマフラーエキパイからチタンだったのね


で、ウインカー外して
分解して修正

穴あけ前にスキッドパッドを取り付けます
こっち側はパッドが真円ではなく
一部削られていました。

ラジエターホースに干渉する部分の逃げだったんですね

RRで2度(合計4カ所)の穴あけを経験していますが
キズを防ぐ為にカウルに大穴をあける、、大いなる矛盾・・・
こうやって型紙で、位置決めしてやります。

使う道具はいつもの安物ドリル&木工用ホールソー。

緊張の一瞬ですが
躊躇しても失敗するので
ガシガシいきますよ!!!

はい、開きました
コチラはカウルが平坦なので、順調に完了。

反対側は穴あけ部分が、ぷっくり膨らんでいて
平坦ではないので、やや苦戦しますが
躊躇せずガシガシいきました。

成功。

試しに装着してみます
はい、バッチリ。

この瞬間が一番緊張します。
穴の位置がずれてたら、最悪ですからね・・・

しかし
左右とも、メインスポンサーのナストロアズーッロが見事に台無しに・・・
レースバイクだったら、クレームものでしょうな(笑)

すぐに見慣れるでしょう
気にしないようにしましょうw

あとは
元通りカウルを組み上げて、南海部品まで試走してみました。

シフトが正シフトな事以外は
全く違和感ありません。
凄くナチュラルで乗りやすいです。
ツーリングには最適だわ このバイク。

現在の私の使用具合には
一番マッチするかもしれませんねw

以外とパワーもあるので、
フルパ化済みかもしれんな。今度調べてみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました