ライスポのRC213V特集。

シェアする

ライディングスポーツ3月号は
ホンダRC213V特集。

 

メインはチャンピオンを獲得したマルク・マルケス号なのですが

ペドロサ号との比較もある

細かく見ていくと

ペドロサ号とマルケス号の細かい部分の違いが興味深い。

ステップの形状とか、シートのスポンジなどはもちろんの事
アッパーカウルの細かい形状、伏せた時ヘルメットの顎が当たる部分のエグレ
シートカウルの細かい形状(マウント位置すらちがう)まで違います

それこそ
ちょっと切った貼ったレベルではなく、
体格に合わせて徹底的に2名のライダーに最適化

細かい違いにどれほどの効果があるのかわかりませんが
仕様違いを実現するためのコストは少なくないはず。

見える部分でコレだけ違うのですから
見えない部分の仕様違いも多数あるのでしょう。

勝利のためなら
手間と費用を惜しまない。

ガチのワークスマシンって、そういう世界なんですね。。。。

そして
定期購読終了のお知らせ。

ネットで得られる情報は速報性があってよいのだけど
お金を払っても読みたい記事がある、ライディングスポーツ。

定期購読も継続の方向です