想定の範囲内(ネジ切りトラブルからの脱出

シェアする

明日は某団体の忘年会で、夜間作業できなさそうなので
今日で、できるとこまで進めます。

ノーマルのヘッド外して
シリンダー外して(軽く固着)
ガスケット剥がして
クランクケースの合わせ目のチェック

物によってはココも加工しないとイケないらしいのだが
シリンダー仮付しても、無問題らしいので作業省略。

そのままケースカバー外して(めちゃくちゃ固着)
オイルポンプ外しへ

実はこのオイルポンプの固定ネジ、
皿のプラスネジなのだが
コレが悪名高く、有名ななかなか外せないシロモノ

ドライバーでもダメ
ドライバーのボルスターにモンキーレンチかけてもダメ
必殺インパクトドライバーでもダメ

しょうがないので
最後の手段「破壊工作」敢行。

細いドリルで下穴あけて
ドリルをだんだん太くしていき
穴を深くして無事終了。

あとは残ったネジ部分を除去
これは不思議と手で回るんだよな
どうして緩まないんだろうねー。

破壊したネジ

で、
今週で組まないとイケないのに
ネジどうしようかって話ですが

こんなこともあろうかと
今回購入した強化オイルポンプは
このネジが付属している、武川製をチョイスしていたのでした。

ちなみにオイルポンプは
他メーカからも数種類出ているのですが、
このネジが付属しているのは武川製だけ。

ポンプの性能的には
デイトナのメガポンプや
キタコ製の方が良かったのだんだけどねー

調べといてよかった(笑)