ククル走り初め〜エンジンブロー

年明けサーキット初走行。

曇っているので、テントは張らない方向で

暖冬の今冬にしては低めの気温。

キャブレターを気温に合わせてリセッティング。

1本目

1本目は肩慣らしでベストこんな感じ。

2本目から無駄に気合を入れるためにウォーマー装着。

2本目

2本目
タイムは少ししか上がってないように見えますが
安定して25秒台中盤。

25秒前半になかなか入らないのはタイヤが終わりかけなのが原因か?

3本目

2本目終了してインターバルにおじさんず前田さんが
クレーンに乗ってやってきた!

前田さんのアドバイスも受け
キャブレターのリセッティング。

レンタルカートもまばらだったので
タイミングを見てコースイン。

ピットロードで加速した時や
コースイン直後は特に不具合なかったようにおもうのだけど
1周目の最終コーナー手前で軽くプスンという音と共にエンジンストップ!

ロックはしていないが、キックしても全く圧縮がありません

2度と息を吹き返すことはありませんでした。

とりあえず状況確認

バイクを押してパドックへ。
メソメソしていてもしょうがないので、ヘッドカバーを外します

うぉー
タペットアジャストスクリューが外れて落ちてる・・・

よく見るとコッターの破片も・・・・

粉々ですやんw

回しすぎちゃったかな・・・

エンジンオイル抜いて
マフラーや配管、配線類を外して・・・

エンジンを下ろします。

現場でエンジンを下ろすのはあの日以来・・・
悪夢アゲイン!

帰宅してバラす

帰宅して駐車場で腰上バラシ。

何事も組むのは時間かかるけど
バラすのはあっという間。

バラす前に吸気側のバルブを手で押しても動かなかったので予想していたのですが

やはりバルブが曲がっていました。

ピストンにはクッキリとヒットした跡が・・・

シリンダーはクロスハッチも残ってて見た目キレイですが
上死点付近に指で触るとダメージがあるっぽい。

うーん
腰上は完全に逝っちゃってる。

ちょっと心が折れた・・・

コメント