シェアする

ロッシF-1移籍の噂

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050831&a=20050831-00000035-sph-spo

正直、またかよ
って感じ。

私個人的な考えは、過去のブログでも書いたが
年をとり、ボロボロになるまで2輪で走る気がないんだったら
若いうちにF-1に乗れ派だ。

このままmotoGPで勝ち続けても
正直モチベーションが保てんだろ?(ドゥカティに乗れば別かもね)

そんならF-1行って、チャンピオンを目指すがイイ。

ただ、インタビューなどでは2輪を褒めちぎって欲しいな。

「2輪があったから僕はここまで来れた」
「4輪なんて2輪に比べたら簡単だ」
「僕が勝ってライダーのレベルの高さを証明したい」
など・・

そしてあっさりとチャンピオンをとって欲しい。
我々全てのライダーの為に!
ライダー代表として!

前もネットサーフィン←死語??(笑)
してたら、車しか乗らない奴はバイクの運転は車より簡単だと
思っている奴が結構多い事にビックリした。
大きさが小さいからか
マジでそう思って、バイクをバカにしている人が実在するのよ
この世の中には。

「俺は狭い道でも車運転できるし、車庫入れも完璧。
バイクなんて興味ないから乗らないだけで、乗れと言われれば簡単だ」

アホらしぃ。

@@@@@@

シューマッハは他のドライバーと違い
ドライビングに迷いがないらしい。

アイルトンセナは、有名な「セナ足」というアクセルワークがあって
一秒間の間に何回も小刻みにアクセルをオンオフして、マシンの限界付近をコントロールしていたが
シューマッハはそういう、探る部分がないようだ。

つまり他のドライバーと違い「第六感」みたいな何か、
ドライビングする上での加速Gや減速G、ピッチングローリング
マシンの動きが全て把握できるような、センサーが生まれつき
体内に入っているのではないか??
そういう、特殊な超能力が備わっているのではないか??

対して、ロッシも同じ様な能力があるのかもしれない。
他のライダーの一歩上を行く速さは、体力やテクニック以前に
タイヤやマシンの限界を、完璧に感じ取るセンサーが、超能力があるのではないか?

ロッシのライディングが見られなくなるのは寂しいけど
F-1に行くのなら、ライダーとして喜んで応援するぞ!

ロッシ自身が心の中でライダーであり続けるのなら・・・