スポンサーリンク

レンズペン購入→使用→その後センサークリーニング

前から気になっていた、レンズペンなのですが
最近、某ブログ でレビューを見たのをきっかけに

Amazonでポチってみました

買ったのはこのタイプ

名前の通り、レンズに付いた汚れを取る便利道具なのですが
コレが良くできてます。

通常だと、専用のレンズ拭き用のペーパーにクリーニング液をつけて拭くのですが
かなりコツが要る。

拭いたら拭きムラがでて、それを乾拭きしたりと
うまくいかない場合はエンドレスで繰り返す場合があります。

でもコレは
先っぽの方の部分に、カーボンコンパウンドが付着していて
脂分を除去するので、指紋などの汚れには抜群に効く!

最初、試したときは汚れの落ち具合がイマイチだったのですが

先っちょのキャップの中に(写真には写ってないけど)カーボンコンパウンドが入っているらしく、
キャップを 嵌めてグリグリして、先端部分に補給してあげると、驚きのクリーニング性能でした。

喜んで全レンズと、フィルターを掃除した後
iPhoneの画面も清掃。

調子に乗りすぎたのか、
ややクリーニング能力がおちてきた

(´・ω・`)ショボーン

説明書だと、毎日使っても半年は持つと書かれていたので
ムムムですが、予備のチップもついているのでお得。

カメラバッグの隙間に忍ばせておけるし、取り扱いが簡単なので
出先でのクリーニングも容易。
これは、今後も常備品になることは確実です!

もっと早く知っとけばよかった。

食わず嫌いはいけませんねwww

その後は、5D2を買ってから初のセンサークリーニング。

7dはまだやったこと無いのにw

風景撮りの時とかに、APS-Cより絞る傾向にあり、写り込みが気になるのと
APS-Cの時はあまりしなかった、レンズ交換を頻繁に行なっているので
多少のゴミの付着がありました。

本来は、サービスセンターに出したほうがいいのでしょうが
やはり僻地だと、そういうわけにもいかず
自己責任でセルフクリーニング。

この作業苦手なんだよね・・・

ここには、レンズペンも使えないし・・・

前に比べると、カメラ標準で
センサーのダストリダクション機能がついているから、
まだマシにはなっていると思うのですが
デジタル一眼レフカメラの、弱点というか宿命ですよね・・・

コレがなければ、精神衛生上どれだけ楽か・・・

完璧にゴミなしというのは難しいので
最後は妥協できる範囲でゴミ取りして終了。

未来の技術は、
この問題を解決することは出来るのですかね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました