いきなり気になり始めたレンズ

なぜか突然気になって

YouTube流し見してたら、
今まであまり存在すら意識していなかったのですが
あるレンズが気になり始めた。

未だに新品も売ってますが、発売開始はなんと2003年の5月!
15年前といえば完全にフィルム時代のレンズです。

ちなみに後継機種も出ていますが

めちゃくちゃ高い!

スポンサーリンク

過去には持っていた!広角ズームレンズ

今では手放してしまいましたが
APS−C時代には、広角ズームレンズ所有していました。

フルサイズに移行前後の、2012年に売却してしまいましたが・・・

逆光に弱く、なにより超広角はセンスがモロにでるので
上手く使いこなせてはいなかった筈

気になるポイント

今回、このEF16-40F4L IS USMが気になったのは、その中古価格ww
Lレンズだからもっと高いと思ってたけど、
マップカメラの中古だと、思ったより安い!

あと海景を撮影するのには必須のPLフィルターが
共通で使用できる77mm←これは大きいポイント

手ぶれ補正などは付いてないけど、広角なので必須ではないし
40mmまで使えるなら、スナップ的にも使えるので常用も可能かと。
※ちなみに24−105より遥かに軽量!

ワイド側の16mmは現在所有している魚眼レンズと1mmしか変わらないので
旅先の部屋の写真撮ったり、お店の店内雰囲気写真とか
最短撮影距離が28cm(現在使ってる24-105は45cm)と短いのは、
料理撮影にも具合良さそう。

この焦点距離だと、サーキットでサブ機のEOS Kiss X7につけると
標準レンズで使えるから、本格的に2台運用も可能だし

もちろん設計の古いおじいちゃんレンズですから
手ぶれ補正が無いとか、逆光に弱かったりとか、いろいろ欠点はありそうですが、24−105に替わり常用できそうな匂いがプンプン

現在所有レンズの売却整理も絡めて、本格的に調べてみようかな。

新たなチャレンジで成長できるかも

一度は挫折した広角レンズ
ホント、難しいんですよ!広角の世界って

なんとな~く撮ってると、余計なもの映り込むし
ただ撮っただけの、パンフォーカスの
のっぺりとした写真になりがちで
個人的には、究極にセンスが問われるとおもってる

センスいい人は、ホントに上手いんですよ
広角を使いこなすのが!

新たにチャレンジすることで、
自分自身を成長させたい気持ちが沸々と湧き上がってくるんです

コメント