スポンサーリンク

D-TRACKERを移動させるお手伝い

バーベキュー明けの朝

本土への引っ越しに持っていけなくなった
やんきぬ師匠のD-TRACKERの引き取りのコーディネート。

くにきち解体店主を手配し現場へ向かう。

バイクの状態は

  • U字ロックの鍵が回らない
  • エンジンがかからない
  • ブレーキが固着している

ぱっと見こんな感じ。

U字ロックを外す

まず
U字ロックを外す作業。
鍵周りにショックを与えたり、潤滑剤を流し込んだり
色々やってみても一定以上回る気配がないので
どこのご家庭にも1台はある発電機動かして
グラインダーで切断。

無事にU字ロックが取れました。

電動工具+発電機は偉大です!

その合間に、
自分は減ったタイヤの空気を、空気入れを必死にポンピングして補充していました。

エンジンをかける

かからないエンジンの処理

バッテリーを新品にして
セルスイッチを押すもうんともすんとも言わない

過去にもあったこの光景w
10年以上前だろうか、同じ症状になったCB400SFをイジってる時
1時間ぐらい、あれやこれや処置した挙げ句、最終的に浸透潤滑剤を吹いたら直ったという経験が!

あれこれ遠回りする前に
キルスイッチと、セルスイッチにWD40を流し込み(本当は556)
高速連打。

あっけなくセルが回り始めました。

あとはキャブのガソリン抜いたり
チョークを引いたりしているうちに無事に始動

ブレーキの固着を処理

エンジンが掛かったので
前後ブレーキの固着の処理(写真はインナーチューブの点サビを落としてるトコ)

ブレーキキャリパーを外し
ピストンを戻したり、サビ取ったり

ブレーキラインの独特な取り回しに苦戦しながらも
どうにか移動できる状況になりました。


ここまで
自分が作業しているかのように偉そうに書いてますが
空気入れたり、工具や発電機を準備したりしただけw

ただの雑用係でした。

ようやく移動

3人で昼食後
ヘルメットをレンタルして
くちきち解体へ移動

約3キロ
とりあえず無事に走れたようで一安心。

後は書類紛失があるようなので
その辺の処理は残っているよう。。。

県外ナンバーはいろいろ面倒くさいようです・・・

新車から1オーナーで16年
一旦役目を終えたD-TRACKERですが
新しいオーナーの元
まだまだ余生を駆け抜けてくれそうです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました