パティーボイドに捧げた曲まとめ

パティー・ボイド

ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンの前妻として著名である。ハリスンの「サムシング」および「フォー・ユー・ブルー」、クラプトンの「いとしのレイラ」、「ワンダフル・トゥナイト」 や「ベル・ボトム・ブルース」といったラブソングにインスピレーションを与えたとされる。

wikipediaより

Something

The Beatles – Something

ポール・マッカトニーやジョン・レノンに比べて日陰の存在だった
ジョージ・ハリスン作 唯一のA面曲

Layla

Eric Clapton – Layla (1972)

イントロ聞いたら誰でも知ってる邦題「いとしのレイラ」
名曲中の名曲

Wonderful Tonight

Eric Clapton – Wonderful Tonight 和訳

身支度の遅さにイライラしながら書いたとは思えない
スローテンポの美しいバラード

Bell Bottom Blues

Eric Clapton – Bell Bottom Blues (Live Video) | Warner Vault

上記2曲みたいに有名じゃないかもしれないけど
自分はとても好きな曲

どの曲も
みんな知ってる名曲!

こんな素敵な名曲に
インスピレーションを与えたパティーボイドってどんな人?

パティー・ボイド

google画像検索してみたら
一発で心を撃ち抜かれてしまいました・・・

か、かわいい。。。

こりゃ
ジョージ・ハリスンもエリック・クラプトンもメロメロになりますわー

身支度遅くてイライラしても
Wonderful Tonightなんて言いたくなるわー

特にこの写真すき!!
今でも普通に通用するかわいさ

なんか妙に納得してしまいました。

コメント