ベルハンマー 

シェアする

仲間内界隈で、流行ってる?らしい
スズキ機工の「ベルハンマー」

以前は、全くこういうケミカル類に興味はなかったのですが
評判はすこぶる良い模様。

シール類にもOKと言われてますけどどうなんでしょう。

アクスルシャフトや
ミニバイクのノンシールチェーン、ワイヤー類
で試してみるのは良いのかな?

駄目なら止めればいいしね。

流石にシールチェーンとかで使う勇気は無いですが(笑)

来年の初買の候補に入れておきます。

コメント

  1. Fuminari KAJIURA より:
    はじめまして! 今初めて、ブログの方を拝見させていただきました。 現在、大学生でCBR1000RRに一目ぼれをしてしまい中型免許から今通い始めています。 見ず知らずの方に相談をする無礼をお許しください。 1つ心配なことがあります。 バイクには乗りたいのですが、その反面バイクに対して怖いイメージがあります。 Twitterを見るとバイクで亡くなられた方、ネットを調べるとバイクで車いす生活を余儀なくされた方。 そういったものを見るとバイク=人生台無し。みたいに思ってしまいます。 しかし、自分の考えではバイク単体で転んだ場合はプロテクターを着込めばそれなりに先ほど言ったような大怪我のリスクは下げられると思います、それでそのような大怪我を負った場合は仕方がないと思って生きていくしかないと思います。 また、車との追突ですがこれはバイクだけではなく自転車でも起きうることだと思います。 なので、運転技術を身に着けそういった事故のリスクをできるだけ下げ、それでも事故が起こった場合は仕方がないと思うしかないのではと思っています。 なので、しっかり腹を決めて乗る必要があると思います。 実際、現在エアバックのジャケットがDAINESEなどで出ていてそれを着たり、同じくDAINESEに全身のプロテクターがあり、それにhit-airのエアバックを着込めばリスクはどれくらい下げられますか? 年末に長文失礼いたしました。 お時間があれば、ご返答いただけると幸いです。
  2. takkaja より:
    コメントありがとうございます エアバッグのたぐいは試したこと無いので 効果の程はわかりませんが 装備はお金が許す限りは充実させたほう良いのは 間違いない事実です。 「金で買える安全は買え」 という格言もあります。 ただ、どう対策しようと リスクはありますが 「それならそもそも外出するな」 「危険だからツーリングはバスで行け」 という極論になってしまいますので、整えられる準備は抜かりなく 楽しんだモノ勝ちだとおもいますよ