motegi日記3(パドック見学

この記事は約2分で読めます。

 パドックに入ったら楽しみなのが整備風景

motogpはキチンとピットが割り当てられていて
なかなか近くでマシンを見たりとかはできないのですが
moto2や125クラスのマシンは間近で見れたりします。

 

 

アプリリアの125マシン。

125のマシンはすごくコンパクト。
2stは今年で見納め。

ちょっと寂しいですね

 

 

着ぐるみ剥がして、
タイヤまで取っちゃうとさらにコンパクト 。

 

 

通路で普通にエンジン始動。

 

 

 

コチラはモリワキのMoto2マシン。

 

こちらはFTRかな?
エアインテークが丸型でデカイ。

 

イケメンメカニックが、整然とした空間で整備する姿は絵になります。

 

 

イケメンがワイヤリング中

 

 

使用している工具はBETAが多かったように思います。
やっぱりモータースポーツ関係でのシェアは高いようですね。

 

グレシーニチームのカウル一式。

 

 

 

ブリジストンのタイヤサービスを覗いて見ました。

大忙しでタイヤを交換中。
手早いながらも正確な手の運びです。

プロの仕事って感じ。

 

 

こちらタイヤ運搬中

ダンロップなのでmoto2用かな?

 

高価なマグネシウムホイルがグッチャリボキボキに・・・

どうやったらココまで壊れるのだろう・・・

 

 

 

 

 

 

コメント