2012 MORIWAKI MD600

シェアする

2012年型のMORIWAKI MD600

大幅にカウル形状が変更になっていますね。
見た目がかなりボテッとしてます。

スイングアームの縦幅がかなり太くて、見た目的にエライ事になっています

一見すると剛性が高そうですが
実はあえて薄く作られていて、縦方向には強いけど、
横方向の剛性は落としていて、しならせる意図なのでしょうか?

あくまで想像ですけど。

そういえば、今年のストーナー車も
同じような形状をしてますね。

一昨年は、エリアスとともにチャンピオンを獲得したmoriwaki。
去年は散々でしたけど、今年はどうなんでしょうかね。

ライダーラインナップを見ていて驚いたんですが
タイ人のラタパー・ウィライローが
グレシーニ入りして、moriwakiユーザーになっているでは有りませんか!

グレシーニは、motogpクラスでホンダのマシンを走らせているチームなので
ホンダとの結びつきは強いはず。

そこにアジア人ライダーが移籍してきたということは
ホンダがアジアに力を入れてきている(アジア選手権に清成、大久保、小野派遣)のと無関係ではない筈。

なんか時代を感じるなぁ。