motegi日記2 (パドックで出会った人々

シェアする

時系列変になってしまうかもしれませんが
パドックで一緒に写真をとってもらった人まとめ。

まず現役のライダーから

 

まずは大久保光選手。 
motopodでもイチオシの高校生ライダー。
昨年の全日本125ccクラスチャンピオン
学校では生徒会長をしていたり
グリッドで番傘さしたりと、
独特のキャラクターで愛されていますが

今回走りもピカイチ!

圧倒的なストレートスピードの差を
ハードブレーキングで何度も抜き返し、カバーしていました。

宇宙人こと秋吉耕佑選手。

2年前にドラサロでニアミスした時は、
声を掛けれませんでしたが、
今回は、快く写真撮影に応じてくれました。

元ライダーの宇川さんと、
レースアナウンサーのピエール北川さん。

ピエールさんは、「俺も??」って感じでしたが逃しませんでしたw
宇川さんはバイク自走で登場。好きなんだなー バイクが・・・

元ライダーの上田昇さんと。
パドックでもいつもニコニコ。
声を掛けらると丁寧に手を振って微笑み返してくれます。

GP参戦時にもいち早く、外国人と打ち解けたという
コミュニケーション能力には、天性のものを感じますね。


 今回、ノリックのマシンを走らせた
実父の阿部光雄さん。

一応現役のオートレーサーですし
バイクのプロなのですが、500ccのデモ走行をこなしちゃうのは凄いです。
ってか、当時のノリックのウェア一式を着こみ走っちゃいました。

これが出来るのはこの人だけですからね。
凄い親子だ・・・

tech3ヤマハのギークローンさんと。
独特の髪型からライオン丸の愛称で、有名なメカニックです

レーサーズとか見てると、80年代の特集にも頻繁に出てくるすごい人です。
こんなに凄い人なのに、ピットの片付けも率先して行なっていました。
一流の人はこうなんでしょうね。

黒川武彦選手

今は怪我でレース休んでいるけど、元HRC所属で
40半ばで全日本で勝っちゃたりと、なにげに凄いオッサン。

いい年して(失礼)金髪で怖い感じかと思ったのですが
とっても気さくで、色々楽しいお話が出来ました。

しんたろうを、コハラに紹介したのも黒川さんですから
orzとも少なからず縁がありますね。

最後は、モータースポーツジャーナリストの遠藤智さん。

言わずと知れた、日本では最も有名なGP記者です。

実は去年の日本グランプリ(延期した春の方)の前に
Twitterで絡んでおり、お会いしたい人No.1だったのです。

8耐の時も見かけたのですが
仕事中だったので声を掛けられず・・・

やっとお話出来ました。 
ちゃんと前にTwitterでの会話も覚えており、
このあと、フォローもして頂きました(感激!

殆どロードレース関係の方々しかフォローしてないのに・・・
恐縮です・・・。

コメント

  1. かろ より:
    パドックに入るといろんな人に 会える楽しみがあってイイよねぇ。 遠藤さんは、確かに やっと来れましたね、という様な内容の会話だったから ツイッターでのやり取りを覚えていたというコトですね。 お忙しい方なのに覚えてもらっていて羨ましい。 ノリックのお父さんと写真を撮る時 コータ君も一緒に撮れば良かった・・・ 後ろに姿が見えてるだけに心残りになってしまった。
    • takkaja より:
      ホント、遠藤さんに覚えてもらっていたのは感激しました。 皆さん優しい人でよかったです。