MotoGP土曜日 その1 日テレG+コースサイドツアー

この記事は約3分で読めます。

金曜日全日程終了後、真岡の宿まで移動。
温泉に浸かって鋭気を養い、いざ2日めへ

会場までずっと雨模様ドライブ
到着してもずっと雨、これは一日雨コースも覚悟する雰囲気

周りも完全にカッパ、傘の雨装備。
テンションも下がっていたので、カメラは車の中に残してiPhoneのみで撮影です。

スタンド上から見ても当たり前ですが
コースも完全ウエット。

G+のコースサイドツアーに当選!

なんとこの日は妻が応募した
日テレG+コースサイドツアーなるものに当選したので
午前中はこちらに参加!

集合場所の日テレG+ブース。
声かけるとなんと、一クラスに付き、2組4名だけだとのこと!
よく当選したな! すごい!

まずは
グランドスタンド近くのコース図で概要説明。
まずはパドックに入り、ピット出口から1-2コーナーイン側に入って
そのまま短いストレートを3コーナーのアウト側に移動
その後ビクトリーコーナーのイン側に入り、パドックを通って戻るコースで、所要時間約30分。

傘は持ち込み禁止(飛んでコース内に入ると危険なので)
写真はOKだけど、動画は禁止(ドルナはこの当たり厳しい)
など注意事項が数点。

私達はMoto2の走行時間帯です。

いざコースサイドへ

パドック通って、ピットロード出口へ
ちょうど、走行に向けて各社コースインのタイミング。

雨ですがフロントを浮かしながら加速していきます。

しばしストレート横で観察。
雨なのにアホみたいなスピードで心配になるほど。

moto2でこれですから
MotoGPは本当に気が狂ってるとしか思えないw

1コーナーイン側。
金網越しには何度か撮影したポイントですが、目の前にはクリアな視界が広がります。

でも結構な大雨でしたから
ちょっとカメラ持ち出す勇気はなかったですね・・・

2コーナーから3コーナーに向かう短いストレート
ここでもフル加速です。
3コーナーブレーキングで、1台がフロントをすくわれて目の前で転倒

結構な勢いで滑っていきましたが
オフィシャルの迅速な対応で撤去が早かった。

3コーナーの方から
ドクターヘリの駐機場へ!

嬉しくてヘリと自撮りしてしまいました

最後にビクトリーコーナーのイン側へ
背中に撮影者のため息を感じながら、タイヤバリアのすぐ外側で観戦。

セカンドアンダーブリッジから
最終のビクトリーコーナーまでを一望できます

タイヤバリアのサイズや銘柄が統一されてる事にびっくりしますが
整然と積み上げられたタイヤの中を覗くと

きちんとボルト止めされていました。
さすが!

あっという間30分終了

同行したスタッフの方や、もう2人の当選した方も
お話しやすくて、とても楽しい時間になりました。

日テレG+さん!
貴重な時間ありがとうございました!

2019 日本グランプリ遠征

コメント