スポンサーリンク

リンゴのpalmの夢を見る

※写真はAppleが93’に発売したnewton

私がMacを使い始めてから10年経つ
palmを使い始めたのも大体同じ頃だろう。

世の中はだいぶ変化し
Macやpalmを取り巻く環境は変わったが
私は相変わらずMacとpalmを使い続けている。

しかし、
昨年palmがいきなり死亡した時はさすがに慌てた。
死亡した機体でさえ、とっくに日本市場から撤退してしまったpalmを並行輸入し
半ば無理矢理日本語化したものだったからだ。

その時も、後継をどうしようかと本気で悩んだのだが
結局、並行輸入品を確保し、どうにか一週間で環境を整えた。

でもさすがに次は無いだろう・・・
今の機体も無理矢理日本語化したものだし、
母艦のMac側のpalm desk topも苦労して日本語化したもの。
そのソフトがいつまでも使える保証は無い。

Macを買い替たりしたら
未来のMacでそのソフトが動き続ける保証はドコにも無いのだ・・・

>>>>>

その昔
初代のpalm(visor)を使っていた頃。
Appleがpalm互換機を発売するという噂が、まことしやかに囁かれていた時期があった。

過去にはnewtonでPDAの経験があるAppleが
palmOSを買収したがっていたのは有名な話
(事実なんだろうか? マイクロソフトもそれを望んでいたらしい)

Apple&palm両方のユーザーである私は
リンゴマークの付いたpalmが
発売される夢を何度見たことだろうか。

いずれにしても
新たな一歩を踏み出さなければ
未来は無いような気がする。

いろいろ調べているのだが
まだ、私が望む通りのシンプルな働きができるのかどうか
確認できない部分がある。

でもね
visorの使い心地にノックアウトされたアナタは
palmが日本市場から撤退しても
苦労して日本語化して
改悪されたGraffiti2と格闘しながらも
palmを愛し続けたではないか!!

それに比べれば
これぐらいの苦労なんて。

>>>>>

気持ちが抑えられなくなってきているのが、自分でも分かるのが恐い・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました