CUB

この記事は約1分で読めます。

最近チェーンがたるんできて、調子の悪いうちのカブ(会社のだけど)。

だましだまし乗っていたが、さすが沈んだり、エンブレ時など、バックトルクが掛かるたびに、コンコン、コンコンカラカラがひどくなってきた。

暇があれば、近くのバイク屋に持って行って、メンテしてもらうんだけど、預けちゃうと仕事にならんので、放置していたのだがそろそろ限界・・・

と言う事で、お昼時間の炎天下のもとで
しょうがなくメンテ開始

カブのチェーンって写真のようなカバーが付いています。
たるみのチェックは、カバーを外さないと行けないのだが、面倒なので目分量で調整。

でも、このカバーのおかげで、チェーンメンテサイクルが以上に伸びている筈。オイルも飛び散らないし、水分やホコリも付着しないから、その事を考えると見かけのダサさを差し引いても、付いていた方が良いかもねー

19ミリと24ミリのソケット(ko-ken)とブレーカーバー(snap-on)、10ミリのコンビネーションレンチ(snap-on)を使い、サクサクと作業。
簡単だが、暑いので汗だく・・・

昼間から、かりゆしウェアで一流工具を使い行う作業ではありませんな・・・(笑)

調整後は、すこぶる快調!
何で早くやらなかったのかと、少し反省。

普段は、理由をつけては弄っている為、調子悪くなってからするメンテなんて殆どしないので、効果の大きさを改めて噛みしめています

コメント