MotoGPもてぎ遠征準備 撮影機材編

今月の半ばのMotogp遠征。
チケットや飛行機、宿などは押さえたものの他の準備はさっぱり

そろそろシミュレーションやっとかないと
買い足したいものがあっても間に合わなくなるので脳みそを切り替える。

まずは撮影機材編。

去年も行ったので、勝手はだいたい分かるのですが更に改良。

メイン機材はEOS5Dmark3にEF100-400を付けて
ブラックラピッドで肩からぶら下げる。

腰にはツーリング用のウエストバッグ巻いて
iPhoneと、モバイルバッテリー、1.4のテレコンを収納。

問題はサブカメラの方。

去年はウエストバッグに入れていたEOS Kiss X7+EF-S24(パンケーキ)のレンズをEF17-40F4Lにグレードアップして、持ち運び予定。

それだとウエストバッグに入らないので
色々と検討した結果、色々とアクセサリーを買い足してテストすることにした。

Amazonへ発注〜到着

購入したのは

数あるピークデザインのキャプチャのパチモンの中から
厳選した上の商品。

本家、ピークデザインの半分以下(1/3以下の価格のもある)の値段なので
バッチリ中国製なのですが、こちらの製品は日本にキチンと取り扱いの窓口があり、1年保証や付属品充実だったので選択。

腰のベルトに装着する時の補助具的な製品は
パチモンが存在しないので本家ピークデザイン製w

日本語がパッケージに書いてあるだけで
一気に垢抜けない感じになってるパッケージ

中身は丁寧な説明書が

状況に応じて使い分けられるネジ類などが付属
質感は割と高いけどHiranoのロゴが激しくダサいw

プロパッドと合体させた図。
結構ガッチリと固定されます。

鏡前でちょっとだけテスト。
EOS Kiss X7+ EF17-40F4Lぐらいの組み合わせだと
余裕で取り付けられて安定感も申し分ない

EF17−40F4Lがインナーズームのため
こんな状況でも勝手に伸びてきたりしないので、具合がいいかも!

コメント