Snap-onのラチェットを見に行く

最近、気になっていたSnap-onのスイベルヘッドラチェット

普段あまりラチェットなんて使わないんですけど・・・w

Snap-onだけに、結構な値段します(約15,000円)
Amazonのポイントも貯まってきてるし
もう数ヶ月ポイント貯金すれば、手の届く金額。

楽天とかヤフーショッピングとか見ても
ネットでの最安値は、同じぐらいなようだ。

沖縄だとなかなか現物を手に取ることが出来なくて
他のメーカーのスイベルラチェットは、アストロとかでも手にとって見たけど
やはり本物確認しないと感触はよくわからない!

実物を見に行く

という事で、

鈴鹿市にあるKB1ツールズさんに実物を見に行ってきました。

店内にはブランド工具がいっぱい。すごい品揃えで見ごたえ抜群。

入り口から順番に見ていったら店舗一番奥にSnap-onコーナーが!
お目当てを探して値札を見ると・・・

驚愕の12,000円の表示が!

後で調べてみるとこのお店、
Amazonや楽天にもネット最安値に近い値段で出品してるんですね。

それよりも2割安い価格売ってる!(税込みだと13,200円になっちゃうけどね)

店内でだいぶ迷ったけど(だって見に来ただけだし)

結局買ってしまいました。

伝票見ると、謎の値引きもあり
端数切捨ての13,000円で入手できました(おまけに軍手もついてきた)

記念撮影

帰ってきて記念撮影。

もともとは1/4の本体に
3/8のヘッドを付け替えた成り立ちなので、けっこうコンパクト

並べてみると
10年以上使用しているFACOMとほぼ同寸法でした。

もう一つ出来心で購入したアストロのショートタイプはだいぶ短い。
ギア数は

  • Snap-on 72枚
  • ファコム 72枚
  • アストロ 108枚

今は72枚は当たり前になってるけどFACOM買った当時は、FACOMの専売特許だった。
今でも空転させるとリールのような音がなり、素晴らしく気持ちが良い。

この辺はSnap-onより好みに近いかな。

アストロは108枚と書いてるのが嘘じゃないかと思うくらい、音に繊細さがなく雑な印象。
空転トルクも重くて、実際の使い心地も良くないですね(値段が違うからしょうがない)

これも10年以上愛用してるブレーカーバーとのSnap-onツーショット。
結局バイク整備だと、ラチェットより全然使用頻度が高いのはこっち。

高トルクかけやすいし
パキっと一撃緩めてから、角度を90度起こしてドライバーのように早回し。

バイクだとスペースが大きいのでこれが有効な場面が多い。

今度買ったスイベルヘッドのラチェットだと
こんな感じで角度が変わるので、前述したような使い方もできるので便利かなと。

とはいっても
普段触るバイクは限られてるし、
結局はTレン使えるところはまずはTレンは変わらなそうだし・・・

結局は盆栽なんでしょうけど、趣味だからこれでいいんです

多分・・・

コメント