スポンサーリンク

ハンドラップの吐出量を調整

お掃除用品

カメラのレンズやセンサーを清掃するために
新たにシルボン紙とハンドラップを入手

シルボン紙

シルボン紙は定番のNIKONで扱ってるやつ
こんなに入ってる(500枚/束)のが2束セットでお得

これだけアレば使い切れないほど
ケチらず使えるので最高です!

ハンドラップ

ハンドラップは定番らしいHCL製
なのですが、赤い蓋が密閉せずただ乗せてあるだけ
というのはいただけないポイント。

無水エタノール入れっぱなしだと
おそらくゆっくりずつ揮発していきそう。

防湿庫に入れてたら匂い充満してるのはそういうことだろう・・・

ハンドラップとは?

ハンドラップとは、日本語にすると「定量液吐出容器」というらしいのですが
プッシュすると少量の液体が、
定量で上の皿状の部分に吸い上げられる仕組み。

ただ、1プッシュで結構な量がでるので
レンズやセンサーの清掃に使う、私の用途では使いにくい

押す強さというか深さを加減すれば出る量も調整できるのだけど
デリケートすぎて細かい調整は難しいです。。。

そこでストローク量を調整する手段を考えてみた

すぐに思いついたのが
タイラップでストロークを制限するやり方。

ググったら同じことを輪ゴムで行っているサイトがありましたが
内容物によってはゴムが侵されてだめになってしまう模様。

あと吸い口の穴をテープで塞いでるサイトもありましたが
アルコールだとすぐ剥がれてしまうはず

タイラップだったら大丈夫でしょう!

適当に緩めに巻いたらストロークが少なくなり
丁度いい具合に少量のエタノールが出てくれるようになりました。

本当はもう少し細いタイラップを使い
細かい調整できるようにしたいところですが、適当に妥協しておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました