CBR1000RRエンジンかからず 朝からバタバタ

シェアする

あさイチ汗だく

本日は月イチのツーリングの日

準備してCBR1000RRのエンジンを始動しようとすると
エンジンがかからない.

朝でセルを回しっぱなしにするのは煩いので
とりあえず家から大通りまでの下り坂で、押し掛け(流し掛け)しようとしたら

全くエンジンに火が入りません。

大通りまで出て
車載道具出して、一通りチェック→解決せず

たまたま向かいのバイク屋の親父が、出勤してきたので
飛び込んだけど、新しいバイクは触りたくないと修理拒否www

しょうがないので一旦ヘルメットとジャケットを置いて
ブーツ脱いでスニーカーに変えてから再びバイクに戻りゴニョゴニョ。

この坂を見ると
とても最後までは押せないなと、途方に暮れてると
エンジンが掛かった!

チャンス!

とりあえずノーヘルですがバイクに飛び乗り
駐車場まで帰還。

軽くチェックと応急処理してから
ツーリングに出発。

出発直後に、テストのためキルスイッチ使ってエンジン止めたら
早速、症状がでたものの対処はできそうなので、そのまま決行します!

帰ってから原因究明

始動不良時

始動不良時の挙動

正常時

正常時の挙動。

比べてみると、警告灯の点き方が違う。
正常時にはキーONで、シート下から排気デバイスのモーターの音が聞こえるのだが
始動不良時はそれが聞こえない。

キルスイッチ切ったときと、症状が全く同じなんですよね。

これはキルスイッチの端子の接触不良に違いない!

ということで

一応各部チェックして

原因であるだろうキルスイッチを分解。

接点を

パーツクリーナーで洗浄後

接点復活剤を吹きかけ

組み上げて終了。

  

何度テストしても大丈夫なのでOKでしょ!

まとめ

最近NSFばっかりにかまっていたから
CBRが拗ねてたんでしょう。

こういうのは
バイクやパソコン等にはよく起きる現象

あるあるですねw

PIXTAで写真素材販売中

写真素材 PIXTA

PIXTAで写真素材販売中

シェアする

フォローする