工場夜景リベンジ

時間との戦い

レンタカーを4時間借りたとはいえ、夜景を撮るとなると
日が暮れてからの時間、給油などの時間を考えると
実質2時間ぐらいか?

とりあえず下調べしていた中で、遠景から撮れるポイント

「手向山(タムケヤマ)公園へ」

100メートルぐらいの山ですが
ここの公園の展望台から、工場群や関門橋まで見渡せるらしい

しかし行ってみると、展望台がまさかの工事中で立入禁止・・・

 

展望台に登らなくても、工場側は撮れなくはないけど

 

ここで、暗くなるまで粘って他の場所にいけなくなる可能性が・・・

泣く泣く移動することにしました

時間がないのに寄り道してしまった・・・

次のポイントに移動する前に
野暮用を済ませていたら、


そこが予想以上に遠くて、時間を使いすぎてしまった・・・

 

なれない土地での移動で、時間が読めない中
さらに雨まで落ちてくるという状況が重なって、焦りまくり

確実に撮れると確信していたポイントへ

他にも寄りたいポイントあったけど
前回行きそびれた、確実に撮れるポイントに移動

 

雨も一時的に止んで

どうにか撮れました

 

その後も下調べしていたポイントに移動したのだけど
北九州アイアンツリーのライトアップが週末のみということで
イマイチ映えないし、雨が強くなってきたので撮影断念。

最初に行った手向山公園へ戻ろうかと思ったけど
雨も止まないのでそちらも断念

いつもながら
バタバタで消化不良の撮影となりました・・・

三脚はバッチリ

でも
投入したトラベル三脚は、EOS5D3+EF100-400という
なかなか重要級の機材でも、バッチリ機能しましたよ。

強風だと厳しいかもしれませんが、セッティングをしっかりして
ライブビュー+リモコン(レリーズ)を使用して
ブレを抑える工夫すれば問題なしでした。
(2秒セルフタイマーだと、シャッター押した時のブレが、2秒では収まらない事も判明)

逆に言うと、今まで使っていた三脚でも
この辺をしっかりしないと、長時間露光だとブレてしまいますよね?

結局基本が大事ということか・・・

 

工場夜景は難しい

工場の夜景って実際に肉眼で見ると、写真で見るより暗くて
ぶっちゃけそんなに、きれいな物ではないんですよね。

普通の夜景と違い、例えばデートで見るとか
そんな類のものではありません。

撮ってみて、仕上げてみて
初めてイメージが湧いてくるみたいな?

経験を積めば、
撮る前にカンが働くようになるのだろうけど・・・

撮影ポイントを押さえるという意味で
普通の夜景や、昼の風景とは全く違う難しさがありますね。

北九州だけでも工場群の範囲が広すぎて・・・

 

でも一箇所だけでもリベンジできたのでとりあえず満足。

なにげに初サイゼリヤ

夜はホテルの隣のサイゼリヤで
エスカルゴ食いながら、ワイン飲んで一日目終了しました。

サイゼリヤ飲み

のキーワードでググると、コスパの良さがわかりますねー

沖縄進出を激しく希望!

 

 

コメント