新春廃墟その1 針尾送信所編

ほどなくして針尾送信所に到着。

※場所はココです

IMG_4565

高さ135m~137mの鉄筋コンクリート製のアンテナが
3本そびえ立つ光景は客観的にみて異様。

写真が下手でスケール感がわかりませんが
建物で言うと45階建相当ぐらいか?

はりお_600

グーグルマップの衛星写真でも、3本のアンテナがハッキリ確認できます。

IMG_4516
IMG_4517

こちらの施設
建築されたのは1922年(大正11年)ですから、築93年になります
当時は長距離通信の主流だった長波通信の為に
このような巨大な施設が必要だったとのこと。

その後、短波通信が主流になり
早い段階で、あまり重要な施設では無くなったとのことですが、
それでも1997年までは、補助的に使用されていたようです。

日本には他に同様の施設が何箇所かあったようですが
いずれもすでに取壊されていて、現存するのはこちらだけ

IMG_4520

現在は公式に電信室などの施設の見学もできますが
正月はおやすみということで丁寧に施錠されていました。

2015-01-02-12.08.14

一応
合法的に近づける 一本のふもとまで接近してみます。

IMG_4531

さすがに凄い大きさで迫力がありますね。

IMG_4542

柱の根元で太さが直径12m 先の方では3m
中は空洞になっています。

IMG_4529


他の廃墟(産業遺構)などのコンクリートが軒並み劣化しまくってるのに比べると
びっくりするぐらい状態がいいです

見える範囲でクラックとか剥離とかは一切なし
よほど丁寧に建築されたんでしょう。

現在では無用の長物ですが 跡地利用が難しそうですし、
調査によりいまだ十分な耐震性を有しているとのことで 生き残っているのでしょうか。

廃墟に属されるかはよくわかりませんが
歴史的に価値のある建造物だと思いますし
単純に建築物として見る価値があったと思います。

防水塗装がされてない むき出しのコンクリートの高層建築で
100年近くたっても、良好なコンクリートの状態をキープしてるのは驚異的でした!

しかし
うまく雰囲気が出てないなー(写真的に)

コメント